ゆげ
はるな


つめたい身体をおしあてて
かたちを図ろうとしている

空白 不在 「想像上の」
まるで動く点みたいやな
ひとつの過去もゆるせない身体って

そうでないもの を積み上げて
それを見つける
まで
日々は存在するの?

むこうでゆげがあがっている
あるのだ
熱いなにかが



自由詩 ゆげ Copyright はるな 2018-09-14 22:20:08
notebook Home