夏休みの子供たちへ
花形新次

暇だからって
色んなところに
出没しないで欲しい
邪魔だから

自称詩を書こうなどと思いついた
軟弱なガキには
精神修養として
炎天下、水分補給なしで
鬼ヘッドコーチから
千本ノックを受けさせたい

これはガキだけではなく
ニート全般に言えることだ

特にニートには
自転車発電機で
この夏の電力供給の一端を
担わせたいとも思っている

強制的に









自由詩 夏休みの子供たちへ Copyright 花形新次 2018-08-12 20:28:01
notebook Home