あんパンと私

地球は、カビたあんパンにそっくりだ。
中身がこし餡だから、
こんなにも私を哀しませることができる。

つぶ餡なら、
ピーマンを食べ残すデブのように、
人目のある場所で子を構い倒すママのように、
遠くの飢える人への施しを募る人のように、
魚を殺す哺乳類崇拝者のように、
夏のある時期だけに障害者を思い出す日本人のように、
無関心でいられるのに。

こし餡だからさ、


自由詩 あんパンと私 Copyright  2018-08-12 19:03:30縦
notebook Home