透明銀河
ミナト 螢

野球帽のツバを折り曲げるように
ガムシロップの蓋を開けたから

ピュッと飛び出す液体で濡れた
指先を舐める仕草が可愛い

アイスティーを揺らすストローが
落ち着きのない姿で動いて
積まれた氷を崩そうとすれば
心の階段を登りたくなる

幸せについて鳴らした鼓動が
隠していても伝わりそうな距離で

互いの時間が同じく刻む
カランという音をここに残して
割り勘のままで終わるつもりか

プログラム通りにはいかなくて
いつかきっとと思い直した
アンコールだけを
僕の手の中で握りしめていた


自由詩 透明銀河 Copyright ミナト 螢 2018-08-12 10:02:32
notebook Home