魔法
ミナト 螢

風船ガムの味が
あんなに
辛かったから

口の中に残る
ペパーミントの海で
舌が回らないほど
はしゃいで

飴玉の味を
掻き消すような
強い刺激を

引き取ってくれたのは
誰なんだろう

魔法みたいに消えた
舌の痺れが

僕の中でいちばん
不思議な
夏の香りだった


自由詩 魔法 Copyright ミナト 螢 2018-08-11 17:32:22
notebook Home