瑪瑙

最果てに近い島の隅で小石を探した
波の音とゴメの声を頼り
転ばぬように
石の浜をpoco a pocoぽこぽこ進み

まあるい石ころ
とがった石ころ
かたい石ころ
おもい石ころ
踏みしめて

もう何度捻ったかわからない足で
小石を探した

目標も目的もないけれど
小石を探した

おおきい石ころ
ちいさい石ころ
かるい石ころ
しろい石ころ
摘まんでは透かし

もう何個拾ったかわからない指で
小石を集めた

目標も目的もないけれど
小石を集めて

最果てに近い干場かんばの隅へ皆捨てた
昆布こぶの囁きゴメの足音
織り込んで
石の墓はpoco a pocoぽこぽこ育つ


自由詩 瑪瑙 Copyright  2018-08-11 17:28:52
notebook Home