遠い
ひだかたけし

夏の夕べ
遠い思い出が
ふっと蘇っては
消えていく
橙に染まるリノリウムに
重なり踊る影と影
小刻みに震えながら
一条の線となって
消滅する

遠い 遠い
何もかも遠い


自由詩 遠い Copyright ひだかたけし 2018-07-14 14:27:15縦
notebook Home