なんでもない
カズくん

大抵のことは
なんでもないことだ
別にどっちでも
よいことだ
夏の涼しい夜風が
僕の身体を
つつんで過ぎていく
いろいろなことが
ありました
いろいろなことを
思い返して
夜の光を滲ませて
結局のところ思うのは
大抵のことはなんでもない
別にどっちでも
良いこと
そんな気分に
なりました


自由詩 なんでもない Copyright カズくん 2018-07-14 12:15:33縦
notebook Home