WONDERFUL WALTZ
roddy


君の体の輪郭が  
高貴な光に包まれて
知性に溢れた佇まい  
月の光が照らし出す  
恐縮ながらこの僕と  
踊ってくれはしませんか  
跪いては手を取りて  
優しくそっと口づけを   

果て無く広いこの星で  
めぐり逢えた奇蹟ならば  
差し伸べられた手の中で  
導かれるまま選んだよ  
初めはきっと不器用で  
ためらいがちな足運び  
陽気な音楽鳴らそうよ  
僕らのワルツが流れ出す 

君に伸ばした僕の腕  
君は華麗にすり抜ける   
僕が後ろを振り向けば  
同じく振り向く君がいた   
ふたりの見つめる時間には  
言葉はいつしか消えてたね
もう一度伸ばした僕の腕  
君が優しく舞い戻る     

君の綺麗な黒髪が  
微かな香りを残してく
角度がめぐる君こそは  
さも美しき万華鏡    
これから長い人生を  
踊ってくれはしませんか   
至福の音楽鳴らそうよ 
僕らのワルツは流れてく


電子書籍kindle
羽喰友人「天体再創造 薔薇の詩」より



自由詩 WONDERFUL WALTZ Copyright roddy 2018-07-14 00:34:38
notebook Home