街と指
はるな


ひとがたえず
まちを汚していく
一方で
わたしたちは
まだ
向き合ったまま

汚れたい指たちが
さわがしく黙りこくって
この朝焼けに
この夕暮に
なんでもいい
飛び込むだけの理由が
ありすぎて
まちは汚れていく



自由詩 街と指 Copyright はるな 2018-07-13 08:07:01
notebook Home