闇坂
重力



寺の門前の傍には真四角の煎餅板の上で、猫が前肢を揃え、こくり、こくり、睡っていた。ゆるやかな石段の続く、石垣作りの坂のたもとにたどり着けば、遊歩道をはさみ南北に伸びる国道が待つ。散策や墓参りに訪れる人々を横目に猫はいつもふさふさと、薄茶の毛が軽やかに白に戯れていた。ふくよかに張る首筋を撫で上げれば物欲しげな声をあげた。こくり、こくり、気だるく頭を垂れていた。

  *

うららかな晩秋の昼下がり。私はカメラを手に嬉々として無心の時を過ごした。一回り小さく機動性に富む、世に出てまもないカメラ。片手によるスナップも行えるほど軽量な作りをした、ブラックボディの、初めて扱うMF一眼レフカメラだった。標準から広角、かと思えばにじり寄り、鋭く張る銀の髭に、薄桃色に色付く円形に剥き出した顎の膚、ボディごと差し入れ膝をつき、傾ける。広がる青の清澄、彼方へと黄金の瞳が輝いた。

合間にコンビニで買った、缶詰入りの魚身を差し出すと、赤土色をした、泥のようにこぼれたそれを嗅ぎ、舌に乗せる。なにも残らない。跡形もなく平らげ、悠々と毛繕いを始める。こくり、こくり、猫は瞼を閉じる。

  *

撮影を続けていると人の話し声が聞こえてきた。コツコツという尖った甲高い音がやってくる。相変わらず頭を垂れてはこくりこくりとする猫の耳先がゆっくり後方へ反る。瞼が花弁のように開いていく。私は構わずフレームを決めピントを合わせた。そしてレンズを定めて指先を押しこんだ。パンッ!─── 乾いた破裂音があたりを満たし、ファインダーが視線が、空を飛び散り舞った。

ケータイを片手に女が小走りに脇を抜けていった。鬱蒼と生える向かいの雑木林の梢が擦れ合い、そびえる、灰色のコンクリート壁を翳が覆った。

  *

隣り合う念仏寺の門前の敷地と小さな町工場。境目を隠すように、一枚の青いベニヤ板が塞ぐ。地面に接するベニヤの下方が矩形に切り抜かれていた。覗き見ると、仄かに暗い、遮るもののない路地だった。薄汚れた煎餅板を蹴り上げ、そして駆けたか。被写体は現れなかった。

  *

閑静な住宅や個人事務所が建ち並ぶ筋を入る。うっすらと霞のかかる街の上空と地平とを望む。照り返す陽が美しいといわれる一角に続く石の階段。坂のたもとの先には南へ北へ往来する車両。人気の途絶えた石垣作りの遊歩道。鎮座する猫。寺の門前に建つ石碑から石碑へ飛び移ってみせた。あるときは地面に背をこすりつけては白い腹を開けもした。そんなこともあった。




自由詩 闇坂 Copyright 重力 2018-07-12 22:42:45
notebook Home