洞窟の持主
ヤマダアサ

その人形は
くたびれている
服を脱がされ
酸素や二酸化炭素など分かれる前のままの空気に
当たり散らされている
それでも口を閉ざしてる
言葉なんて知らない認めない
唇が輝いている

でも
あらゆるものを入れてきた洞窟の持主だから
その人形は
くたびれている


自由詩 洞窟の持主 Copyright ヤマダアサ 2018-06-14 18:17:36縦
notebook Home