汚物ニッポン!ちゃちゃちゃ
一輪車

ああ、金正恩将軍閣下、どうかご出陣下さい。
汚物日本を
そのロケット弾で火の海にして下さいませ。
サヨク文化人どもが
泣き叫び
狂ったように走り回る姿が
見とおございます。
カマキリ顔の
芥川賞作家の
もと女房が
レギュラー出演するテレビで
叫んでおります。
アベガー、アベガー、すべてアベが悪い。
アベガー、アベガー、すべてアベが悪い。
ああ、
ロケットマン金将軍、
どうか、
あのババアのてっぺんにも電撃ショックを
あたへてやってくださいませ。
まかり間違えば目が醒めるかも
しれません。

もと外務省幹部
もとレバノン大使が
日大アメフト部の殺人タックルは
安倍晋三のせいだ
と叫んでおります。
目の付け所は悪くないのですが
発想が貧弱です。
あのタックルの一番の被害者は
タックルを行った加害選手である。
そのことを見抜けなかったのは
さすが低能サヨク文化人だと
おもいます、金さま、
あなたならすぐに見抜けたことでしょう。
あれが
太平洋戦争中の日本特攻隊少年の
立場と酷似していることを
金将軍なら
すぐに見抜かれたことでしょう。
あの加害選手はあれをしなければ
居場所がないところまで
追い込まれ
悩んだあげくに特攻を受け入れたのです。
その結果、
優秀なディフェンスとして将来性
すべてを失ったのです。
しかし上官は戦後をのうのうと生き抜き
さっさとサヨク的平和愛好家に転向して
なにくわぬ顔で死ぬまで左うちわだったのです。
かれが
あのタックルで手を抜いていたことは
かつて
ラグビーをやっていたわたしには
わかりました。
でなければ被害選手は背骨を折っていたでしょう。
あの構図は安倍政権の構図ではなく
むしろ
いまの日本の構図、日本社会の欺瞞の
構図といえましょう。
政治ではなく
すべて経済がなさしめていることを
一政治家のせいに常に帰することで
欺瞞の構造を隠蔽してきた
平和、平穏、愛好家たち。
ああ、どうか金さま、この腐った国、
欺瞞とウソで塗り固められた汚物ニッポンを
水爆で
吹き飛ばしてくださいませ。
さぞかし
すっきり荒野がひらけることでしょう。
その荒野を
気持ちよく手ぶらで歩きとうございます。











自由詩 汚物ニッポン!ちゃちゃちゃ Copyright 一輪車 2018-05-18 07:43:43
notebook Home