万華鏡
ミナト 螢

ハイヒールで潰して来たのは
缶ビールと誰かの靴紐だ

すれ違う瞬間に与えられた
不安定なバランスを生きるまで
目標に向かう足元を見ると
スニーカーの人には敵わない

若くて尖った勢いのある
唇はやがて口紅を剥がす
涙の温度を思い出すだろう

針でリボンを刺すように止めた
誰かの時間を奪いたかった

そして踵が痛くなる頃に
新しい道を選べたら良い

サクマドロップスの缶を開ければ
色とりどりの星が落ちてくる
一粒ごとに名前を付けながら
掌で転がす遊びがしたい


自由詩 万華鏡 Copyright ミナト 螢 2018-05-16 16:45:49
notebook Home