屋根裏部屋の運転士
松岡宮

真っ白な壁に真っ黒な制服
小田急ロマンスカーVSE
屋根裏部屋に運転士が住んでいる
とても無口な運転士が住んでいる

住人がすべて外出したあと
華奢な梯子が降りてくる
慣れた足取りで運転士が降りてくる
さきほどまで屋根裏に収納されていた薄い体をいっしゅん丸めて
この家の支配者である運転士が
そっと降りてくる

そんなところに梯子があることを住人は知らない

誰もいないVSEでは
座敷わらしが箒で遊ぶ
ねずみの一族がおやつを食べる

初夏の操車場ではその梯子は星座に届き
満点の星空の下
白い家の運転士は黒い制服に星座を飾りつける
そしてまた走り続ける

真っ白な壁に真っ黒な制服
小田急ロマンスカーVSE
屋根裏部屋に運転士が住んでいる
白いお家を動かしている


自由詩 屋根裏部屋の運転士 Copyright 松岡宮 2018-03-14 22:02:27
notebook Home 戻る  過去 未来