終わり、始まる
ネン




過ぎ去ったものに
思いを馳せれば
脳裏を横切る
懐かしい人の営み

いつからか
筋を違えてしまった
物を思う前の記憶
真実は腐敗していく

ここにも道があると
誰も知らない内に
目を閉じたまま
暗闇の中を前進する

頬を叩く冷たいものが
いつか涙だった頃
私だけを置き去りに
世界は終わろうとしていた




自由詩 終わり、始まる Copyright ネン 2018-02-12 18:35:19縦
notebook Home 戻る  過去 未来