輪を横切る金色
陽向.

淡く蝋の塊と踊る 砂場の小鳥
何故か歌は地面で寝ている
畔で光を眺め 正しい黒を開く

酸を垂らし壁を飲み込む
虫がひっくり返り 山を取る
一つ目は斜め
二つ目は顏
三つ目はなく四つ目は花火

輪を横切る金色は魚の蓋を転がす
夜の深海 夜の深海
太った竹を沈め沈める

回り続けながら動かない道


自由詩 輪を横切る金色 Copyright 陽向. 2018-02-12 15:24:58
notebook Home 戻る  過去 未来