やあ地球国在住地球人の水鳥さん今日わ
水鳥 魚夫

やあ地球国在住地球人の水鳥さん今日わ

おや しばらくでしたね
火星国在住火星人の蛸の守(カミ)兼上総の介 蛸の丞さん
お元気でしたか その後

はいおかげさまで火星の気候もようやく
人工でコントロールできるようになりつつあります
人類が惑星の自然気候に操作を加えて 結果予測し対処する
これは悲願でした 今世紀今年4018年は祈念すべき年です

そうでしたか
いまは名前呼びかけるのに在住の惑星名を入れて
挨拶するのが普通になりましたね
この太陽系の惑星
水星 金星 地球 火星 木星 土星 天王星 海王星 冥王星と
大昔の子供達は1週間の曜日を覚えるのに使用したそうです

これらの地球以外の惑星にも少しずつ人類が移住し成功していますね
地球以外の惑星に人類が到達出来るなんて思いもよらないことでしたよ
生命に必要な水 空気 気候温度 大気圧 磁場 紫外線 公転周期
自転など地球に似ていないこれらの惑星は 生き地獄そのものというより
生命には適しない過酷な地 間近の月みたいな不毛の地だと思っていました
そうそう 重力が抜けていました
時間と空間を曲げるとも飲み込むともいわれています
地球の重力が人間に調度良いのか

人類はこの2000年掛けて少しずつ問題を克服していったのです

人類の惑星移住計画に反対する宗教界の騒乱はひどかったとか聞きました

はいそうでした
神の領域に人類が住もうとするのは冒涜である そう言い
城にこもり頑強に
抵抗したそうです

これを見た水鳥征夷大将軍(水鳥家始祖)はトロイの木馬を持ってこいと言った
これを聞いた家臣は先例すでにあり見破られるのでは。。。。。
馬鹿者!
木馬に山海珍味を溢れるだけ詰め込み城壁まで持って行け 
酒ビールも入れておけ 女は人形でいい

メモもこう書くように命じた

これは お中元とお歳暮である
兵も生きもの 温情である これなくして人とは言えず
毒は入っていない 食えない上に役にも立たぬポイントも入っていない
遠慮無く受け取り食すべし

これをみた兵は我先に投降した 敵兵でもお咎め無し 文面通り
しかし首謀者 天草野郎キツネ板三(仮称 例の類い希ない乞食同様の俳句を作る)
の最後は以下 許されなかった

(聞くところによるとこのねずみ男いやキツネ男は徳川の治世
265年間も俳句〇才児学院低脳児課に在学していたそうだ 幕府の方が支えきれず
自ら先に閉幕宣言をした また学院はこんなキツネ男の入学を
許可したばかりに長期経費かかった これが経営に深刻な影響を与えている
迷惑なキツネだ と)

太陽の黒点に放り込まれ 悪臭抜きをしてから
太陽系惑星外に蹴飛ばされた

駄句袋一式キツネ座と後に呼ばれている
ポツンと孤独に光っているが
小汚いキツネがスルメイカのようにだらしなく伸びた形状をしている
発見が容易 それだけがとりえだ



自由詩 やあ地球国在住地球人の水鳥さん今日わ Copyright 水鳥 魚夫 2018-01-12 21:03:18
notebook Home 戻る  過去 未来