今日の岸辺
夜に吠える

人はそれぞれに明日を抱えている。
その比重に耐えられなくなる夜もある。
しかし海底に光り輝く星明りを頼りにし、夢も見る。
あなたが希望の星だから
私はここまで歩いて来れた。
行き着く先がどこであれ、今日の岸辺へと私を運んできてくれたのは
あなたという存在がいたから。
あなたに感謝している。


自由詩 今日の岸辺 Copyright 夜に吠える 2017-11-14 21:36:01
notebook Home 戻る  過去 未来