食べられるもの食べられないもの
そらの珊瑚

ほこりをかぶっていようといまいと
食品サンプルは食べられない

蜘蛛の巣に囚われた
きのうの夜の雨粒たち
夕刻にはその存在ごと食べられて
また空へ還る

バナナの黒いとこは
食べられないと言い張る子ども

きれいなキノコは危険
きれいでないキノコも
或いは危険

冬に燃え立つ赤い実は
時間とともに毒を蓄えることを
鳥たちは知っていて
まだだいじょうぶだと
ささやき合っている
平和しかない朝

世界は
食べられるものと食べられないもので出来ていて
悲しい出来事に砂糖を振りかけて食べてしまえば
食べてしまったぶんだけ
心は少し満ち足りる



自由詩 食べられるもの食べられないもの Copyright そらの珊瑚 2017-11-08 10:04:17縦
notebook Home 戻る  過去 未来