夏の窓
田中修子

しかめっつらしてないでさ
むりやりにもわらないでさ

ぽかんと空をみようよ
窓がよごれていて
みがきたくなるかも

ふしぎだね
むかしもいまもこのさきも
どこかではかならず
ひととひと、ころしあってるんだ
こんなに洗濯物がはためく空なのに

ほっといた窓のよごれにふっと
気づいて 指をふれる
なにできれいにみがこうか


自由詩 夏の窓 Copyright 田中修子 2017-08-10 00:42:10縦
notebook Home 戻る  過去 未来