風紋
田中修子

笑っているうちに
削られ 壊れて
きっと愛とはそういうものなのね

なぜ なぜ なぜ
がらんを抱えて
胸の穴 大きすぎる

喉の乾いた砂漠

たくさんの風がわたしを通り抜けた
雨雲を
鳥の鳴き声を
運ぼうとして
ただ
砂嵐の立つ

いまや風紋そのもののわたし
風の模様だけは無数に残る


自由詩 風紋 Copyright 田中修子 2017-06-04 17:16:20縦
notebook Home 戻る  過去 未来