トップランナー
ミナト 螢

あなたには先頭を走って欲しい
私がその背中を追えるように
今でも元気にしていますと
命のバトンを渡せるように

出来ればコースを外れたかった
同じ目線で好きになっていたら
オレンジジュースを一緒に飲めた
同じ海岸で夕陽を見たら
あなたの胸に飛び込んでゆけた

沢山の夢を抱えたままで
身動きの取れぬ負け犬は嫌だ
一度で良いからあなたと並んで
ゴールテープを切ってみたかった

私が強くなるのも優しくなるのも
あなたのポーズひとつで決まるのに
お疲れ様と手を振っただけ

縮まない距離がとても愛しい
揺るぎない自信が何故か嬉しい

孤独の地図を広げたランナーは
短い命を燃やしているけど
あなたも私も生き延びる為に
誰かにそれを預ける日が来る


自由詩 トップランナー Copyright ミナト 螢 2017-01-11 22:43:45
notebook Home 戻る  過去 未来