冬の夜
朧月

お鍋ばっかり作るのは
会話の無いのをごまかすため
互いの箸を受け入れる
それが暗黙の譲歩

冬はいいよね
寒いの一言でなんか言った気になるし
窓の水滴が答えに見えてくるし

外から見るとどの家も
同じ暖かさにみえている

あなたが少し
後ろめたいのかもしれない
猫背の背中を黙ってみつめる


自由詩 冬の夜 Copyright 朧月 2017-01-11 20:17:19縦
notebook Home 戻る  過去 未来