みかん
yaka

団欒の横
座椅子に座り
静かにみかんを剥いている

今日どこかへ出かけたことも
娘の顔も
忘れたよと笑う

テレビの映像は意味を失くし
新聞は取りに行くだけの紙になり

積み重ねてきた肩から
少しずつ湿度が抜けていきます

みかんは
昔から好きですね

娘の顔も忘れたけれど
みかんだけは変わらない

窓辺の日差しが
あなたを包んでいます







自由詩 みかん Copyright yaka 2016-03-27 17:10:00縦
notebook Home 戻る  過去 未来