夕暮れの丘
服部 剛

僕は、今から四十年前
勾玉まがたまのような白い種として
母の胎に宿りました。

それがこうしていつのまにやら
大人になって、独歩して
思考しては、言葉を発し
地上の日々を営んでいます。

夕暮れになると、僕は丘に立ち
遠い山波の黒い輪郭に
目を細め
このいのちの源に
ひと時――思いを馳せるのです。

あの日、自らの意志を越えて
世に産声をあげた
わたくしという者が
どうやら歓ばしい
世界に一人の者であるという

静かな予感の芽生えを
この胸に、久しく思い出すために。  






自由詩 夕暮れの丘 Copyright 服部 剛 2015-05-19 19:39:55縦
notebook Home 戻る  過去 未来