矮猫亭句帖抄・秋の部
ならぢゅん(矮猫亭)

主なき隣家に熟す柿たわわ
小望月レンズのほこり払う吾子
落葉焚き偏屈ひとり手を炙り
夜仕事の妻の背丸く影落し


俳句 矮猫亭句帖抄・秋の部 Copyright ならぢゅん(矮猫亭) 2003-11-03 14:34:12縦
notebook Home