矮猫亭句帖2011
ならぢゅん(矮猫亭)

し ま い 湯 に 黴 の 香 ほ の か 手 足 伸 ぶ

盂蘭盆会三句
仮 住 ま い 我 に は 詣 る 墓 も な く
夏 つ ば め 塔 婆 の 高 さ 測 る よ に
抱 腹 の 態 で 果 つ る や 油 蝉

夕 空 に 二 度 輪 を 描 く か ぶ と 虫
汗 す え る 匂 い と 歩 く 日 曜 日

高麗郷にて
川 風 に 羽 黒 蜻 蛉 の 睦 ま じ く
曼 珠 沙 華 倒 木 の 根 の 間 か ら
秋 の 蝶 仁 王 の 鼻 に 羽 休 め

赤 蜻 蛉 そ な い に 高 う 飛 ば は る か
生 き 別 れ 死 に 別 れ し て 秋 果 て る
菊 ま つ り 迷 い 子 見 守 る 大 地 蔵

売りに出せない茶に咲く花
ベ ク レ ル と い ふ 語 忘 れ じ 茶 花 咲 く
茶 の 花 の セ シ ウ ム 秘 す る 気 配 な し
セ シ ウ ム も ヨ ウ ソ も 知 ら ぬ 茶 花 咲 く

大 根 引 き 白 鶺 鴒 二 羽 引 き 連 れ て


俳句 矮猫亭句帖2011 Copyright ならぢゅん(矮猫亭) 2012-02-27 12:33:14縦
notebook Home 戻る  過去 未来