らん熟
アオゾラ誤爆

いつのまにか足首のかたちが変わっていた
このところ続いてる春にしてはひくい気温のせいか

映画館でまぶたにふれたりだとか
苦いコーヒーを胃にそそぐように
うまくできないことだらけ
罫線がじゃまなノート
燃やすよりも破りたいとおもう

動物の顔をしたひとたち
にげばをつくる器用な言葉は
ながびく懐疑に歯止めをかけたりしない

はやくとびらを開けたい

今ならどこまでも走れるような気がした
その途端だ
風という風がわたしを切りつけはじめたのは

鼻腔から侵入してくる
だれかの思想は朗らかに巣をつくる

ふたつきれいにならんだ椅子の
あたらしさに目を細めながら袖をまくった
撫ぜたかったいびつな背骨はもうなくて
きみはまったくの無味でそこに立っていた


自由詩 らん熟 Copyright アオゾラ誤爆 2011-03-08 22:47:59縦
notebook Home 戻る  過去 未来