雑句(2007-12-14〜2010-01-26)
若原光彦

・2007-12-14

西口のトマソン前で待ってます

妹が重いりんごを食べている

胡蝶骨はばたき呼べよテンペスト

自分より小さいものとやり合うな

石はまだ鮎を守っているかしら

桃太郎一人で行けばいいのでは

著作権だけじゃ操を守れない

笑えない喜劇のために顔を塗る



・2008-03-03

なめくじに塩ふりたくて科学の子

値段より多少はうまいうまい棒

歯医者から口がでかいとほめられる

乗り降りに邪魔な天馬の羽根を斬る

諭吉さんあなたは誰が好きですか

古本の誤植の良さを買い入れる

海パンを焼いてバターを塗って食う



・2008-05-10

朝顔の演奏法がしりたいな

見たままを書いたと言えど夢日記

朔日をゆすると星が落ちてくる



・2008-06-22

比較から始まるものはもういいよ

墓地までの道たずねれば人逃げる

裁判の愛想笑いの手紙来る

校長の呪いが骨に染みている

禁煙のたびに祖父母が老いてゆく

詫びもなく向日葵がもう咲いている



・2008-06-28

醒めたからいい夢だったようでした

手だけ見て話を聞かぬ占い師

誰の田の誰の蛙の誰の恋

新しい名前のことは言ってない



・2008-07-10

いみじくも香車の前の歩にあらば

降る雨の色予報には出ざらまし

曇天に銀色のもの打ちめやも

亡き人の知らぬ明日を我知らず

去る者に加わりそびれ昇進す

綱渡り用のロープを編んでいる

パンのみに生くるにあらずネオソフト

さいころの目が閉じたので今日は寝る

ヤアヤアと鳴る電話にはもう出ない



・2008-11-11

薬莢を拾いし母校ばかりかな

名前負けする運命の新生児

平成の次は生き抜けないだろう

蠍座が正しく見える星に居る



・2009-10-07

白鳥の影も鴉も黒くあれ

トナカイを鹿せんべいでおびき出す

一畳に満たない部屋で尻を出す

日本は筋肉質な土地にある

ラーメンの器をかぶる役だった

爆発が芸術だとは言っとらん

規約には死ねと書くなと書いてある

頭からハウリンウルフかけてくれ

服を脱ぐ前に彼女と素手になる



・2009-10-09

新しき酒は新たな胃に入れよ

もうひとつあってもいいぞ充電器

手をかけてひねった箇所がぶち切れる

祢宜ケ沢上の女の家に雪の振る



・2009-12-20

首のつく部位をしこたま温める

禁煙で味の変わったハーモニカ

伸びてきた体の先を切り落とす

隣人の改築でもう陽が射さぬ

お年玉あげる権利を行使せず

アルバムに転職前の名刺貼る

犬用に残したものを食べて寝る

がきどもの慰めになれ包装紙



・2010-01-26

ひもじさにかぼちゃの馬車を煮て食べる

先生も自分の子には難読名

忍法じゃないのがじつに悔やまれる

ネクタイで釘が打てると思います

ドラえもんのび太のドラミ争奪戦

しってます寝言でぜんぶ聞きました


川柳 雑句(2007-12-14〜2010-01-26) Copyright 若原光彦 2011-01-05 19:47:20縦
notebook Home 戻る  過去 未来