風の砂丘
ならぢゅん(矮猫亭)

もしも私に愛が
許されるなら
それは五月

古い手紙から
解き放たれた風が
子供たちを勇敢にする

坂道を駆け登り
海と出会う
春と夏との隙間に
太陽が溶け落ちる

旅立ちの準備は
終わっただろうか
もうすぐ雨がやってくる
砂浜のむこうに揺れる麦藁帽子

http://kigaru.gaiax.com/home/saku


自由詩 風の砂丘 Copyright ならぢゅん(矮猫亭) 2003-06-02 12:07:03縦
notebook Home