義母(はは)を悼みて
ならぢゅん(矮猫亭)

春の雷母の遺せし管四本
風光れ母は遺せし金の尿
初つばめ月命日の軒かすめ
旅やつれ運ぶ疾さや初燕
枇杷実る月命日も二度目かな
ほととぎす亡母ははも天辺駆けをるか
五月雨や普及於一切濡らしゆく
義父ちちひとり衣更ふ日も延べしまま
入梅や自由と書いてみたくなり
手向けしは螺髪の如き花あぢさゐ
汗拭ふ義父ちちの庭べに夏蝶来
新盆や亡母ははの御前に酔ひ伏して


俳句 義母(はは)を悼みて Copyright ならぢゅん(矮猫亭) 2008-11-13 12:15:03縦
notebook Home