雑句(2007-09-09〜2007-12-13)
若原光彦

・2007-09-09

頭脳線ふたつに裂けてゆく体

あっぽうと呼ばれて赤くなる林檎

煙草から目薬にして十日間

この中にまわしを取った奴がおる



・2007-09-12

この家にいつまた春が来てもいい

台風の目はもう何も見ていない

性別を超えた化粧であるべきだ

海で泣き火山で死んでダストレス

光速が目にもの見せてくれやがる

ブルマーは二十世紀の遺物です

鼻に付く常識人が板に憑く

仏壇がお気持ちだけを受領する

次はいつ止まるんだろう腕時計

ゼロになる犯罪などは在りもせず

人類はもう充分に強いです



・2007-09-28

ンジャメナと言わせた君の勝ちでしょう

釣針を抜けば語尾上げ魚の口



・2007-10-03

向日葵の敵ほうぼうに退きぬ

函館の箱の中身は何だろな

なにガラの枕か知らず今日も寝る

慣用句辞典のような人でした

ルイージの弟達よ今いずこ

禁煙の効果が股にあらわれる

じっと手を見れば指紋で目を回す

水かきが邪魔で指輪ができません

怒らんと言った自分に腹が立つ

先生はチョークの無駄が多いです



・2007-10-07

ゲシュタルト崩壊してる天皇家

恥ずかしい柄のテレカは早く減る

きみに屁を聞かせるために芋を食う

かまくらのなかは鎌倉時代です



・2007-10-13

サザエさんみたいな国にさようなら

ピノキオは愉快に暮らしましたとさ

その首の喉笛おれが吹いたるわ

それ以上言うなフラグが勃ちそうだ

ドーナツの穴あ食ったと思いねえ

だがしかし私はしゃべる馬のエド



・2007-12-13

押入れのにおいがするよドラえもん

純と鈍あまりにすぎているために

ガムシロを入れる手前の手を抑え

印刷でモノクロになるなれるきみ

A型の血液さえも足りません

実はもうルパン四世なのでしょう

ほりいさんぼくのじゅもんがちがいます

我々と言えないでいる我々の


川柳 雑句(2007-09-09〜2007-12-13) Copyright 若原光彦 2007-12-13 20:31:18縦
notebook Home 戻る