完成しない巻頭詩

判定が覆りました 
新茶の茶柱が立った 
大変良くできましたと 
大富豪でいう革命か 
はらたいらに三千点 
転がる石のように 
地下駐車場で出会ったなんて 
靴底が上を向いていたとさ 
裏のウラとは 
天からの授かりもの 
東京トッキョ許可局東京トッキョ許可局 
特に意味は無いようなものだ 
天気予報によると 
今夜はブギーバック 
夏も近づく八十八夜 
赤パジャマ青パジャマ黄ぱじゃま 
振り向くな空を見上げろ 
千代田区にお住いの主婦様からの情報で 
もう言葉にならない 
靴を放り投げた結果 


加筆修正したい行をクリックしてください。