完成しない巻頭詩

春の丘の上に 
増殖する焔 
平行になる野径 
無表情の羽 
揺らめいて倉 
真昼に降る 
横たわる 
転がってゆく 
虹の不安 
裏門の石段に 
音と光と月 
あらかじめ描かれていた 
光も届かぬ深みから 
白い早熟は 
雲母の飛行 
目を凝らすと 
群青の空に林立する白亜 
着信音が塗り込められた 
それは西へ 


加筆修正したい行をクリックしてください。