完成しない巻頭詩

手をつかんで 
托卵ベイビー 
永遠になんていわない 
時がとまる 
黒い鳥と定めと山だ 
魚とかいがいました 
つのる思いにすがるのは 
この世界には 
幸せそうな 
生活に余裕ですわ 
強いですわ 
あれこれとエイチ恵ヌをとりかえて 
石が川に流れる 
そんな日が懐かしい 
保護を考えるのか 
羽根があったら 
順に別れることになる 


加筆修正したい行をクリックしてください。