完成しない巻頭詩

なりすましという名の罪を 
なりすましはさもしい善人面 
なりすましは赫い 
なりすましが大手を振って歩いている 
どいつもこいつも己の現実から逃避するなりすまし 
なりすまし増殖ちゅう 
なりすましやがった 
なりすましはおまへだ 
善人面と悪人面で名を使い分けるなりすまし 


加筆修正したい行をクリックしてください。