完成しない巻頭詩

羽が飛べない竹屍に 
一人で半値をいくつも 
月見はネ釜越の国怪囚 
空にはなりすま翅損蝶 
どれみあき葉つみ木寝鎌 
順につのる甲斐になる 
石が川に流れるたれす 
なりすま損鳥魚 
そん蝶な甲斐がなりすましい定め 
どれみは天ではなく鈍 
じ称の生活に保護ですわ 
魚とかいがいました 
わら藁成すます化だもの 
どれみの秋葉になりすまる 
羽根がな栗鼠まったら 
なりすまバ礼ている 


加筆修正したい行をクリックしてください。