おもてなし妖怪2018/るるりら
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 宗像現象 
- もとこ 
- フユナ 
- そらの珊瑚 
- 空丸ゆらぎ・続 
- たこすけ 
---2018/02/16 18:21追記---
口上承った、とかえすのが礼儀なのでしょうか。
ぽややんとクジラの魂、あるいは火の玉が私のどこかに灯り
何かを照らしているようです。

さて、自然破壊や生命への礼賛といった
環境保護のメガネをかけてこの詩を読むと
ええ、途端に途方もなくつまらなってしまうかもしれやせん。


じゃあ、なんだ。クジラの目にでもなれっというかのいえば
そうではございやせん。
ただただ、お化けだ、妖怪だと騒ぐ
障子からでてる目で見るのが
この詩をいちばん面白くよめるやりかたでなのではないかと
おもえてならねぇのです
わっちもキョロキョロと
目をこらすように、
必要もないのに凝らしてしまうのです

妖怪の可笑しさと一抹の悲しさ
旅の博徒は風まかせ
賽の目にうつるは
いつか食うた白魚の目か

さて、2回でてくる
「詩がない」というものに
引っ掛かる方も少なくないでしょう。
私も見事に釣り針につられたもんですが
あまり解せないままでございます。

書いた本人のちょっとしたイタズラが半分と
もう半分は、詩のなかにある命や感情。
考える魂というものでございましょうか

そういったものがこめられているのではないかと
面白くうけたまわりました。


- しょだまさし 
ブラボー!
- あおい満月 
- nonya 
- 帆場蔵人 
 
作者より:
●たこすけさん


ありがとうございます。なんども読み返しては 小躍りしながら 喜んでいます。
こどものころ 鯨の骨格標本を観たことがことがあります。骨格標本の傍に 二階へ上がる階段があったので、鯨の背中の大きさを 様々な角度で 観たことがあります。それ以来、わたしは 鯨が大好きです。
あの感情は、障子から目だけだす子供のような好奇心だったような気がします。 

なぜ2回も「詩がない」と書いたのかは、正直 自分でも よくわかりません。
わたしは この自作詩の中で 鯨の声の表記部分が一番のお気に入りでして、
「ん~ ん~」とか「ん~ん? ん~?」と 仲間の鯨の声の部分なのですが、掃除をしながらとか食事をつくりながらとか 鯨を夢想しながら なんども 鯨のつもりで発声しとりました。
つまり、調子を ぶっこいていたのです。したらば、こんなの詩じゃあない気がしました。
なにか オツムをやられていたのだと思います。ヤバいことに どうしてだかわかりませんが、「詩がない」と書くと、ふくふくと 嬉しかったので、ございます。
 で、二回も書いてしまいました。アハ


バッファリンの半分は「やさしさ」だそうです。この詩の半分は「面白」です。そして残りの半分は
なんだろー。詩のなかにある命や感情。考える魂だとしたら、こんな嬉しいことって、ないです。

やさしい視点で 読んでくださって、とても 嬉しいです。
この詩を 楽しんでくださって ありがとうございました。

●しょだまさしさん ブラボー!を ありがとうございます。

---2018/02/20 11:50追記---
以下の方々、読んでいただきポイントまで ありがとうございます。
●沢田健一さん ● 宗像現象さん ●- もとこさん ● フユナさん 
●そらの珊瑚さん ● 空丸ゆらぎ・続さん
●あおい満月さん ● 渚鳥さん 
ありがとうございました。 


---2018/02/20 14:31追記---

戻る Home
コメント更新ログ