おじいちゃんの密談/鶴橋からの便り
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 間村長 
- 宮内緑 
さすがにこれは創作では書きにくいように思います。ですから体験にもとづくものだと推察します。
社会的都合で一瞬良いを入れるのを躊躇いましたが、その自分こそ恥じたい。人間の真実に軽妙なタッチで肉迫する優れた詩だと思います。
- ネン 

戻る Home
コメント更新ログ