水影にわれ果てる/零雨
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 小原あき 
- ピクルス 
- たりぽん(大理 奔) 
- キクチ 
詞というものはこうあるべきだと、
自らを省みるほどの静謐。
- 銀猫 
- ルナク 
- LEO 
- ふるる 
- 千波 一也 
 
作者より:
八重さん 有り難うございます☆
小原 あきさん 有り難うございます☆
ピクルスさん 有り難うございます☆
ある・たりぽんさん 有り難うございます☆
橘キクチさん 有り難うございます☆
藍沢颯太さん 有り難うございます☆
銀猫さん 有り難うございます☆
ルナクさん 有り難うございます☆
LEOさん 有り難うございます☆
ふるるさん 有り難うございます☆
千波 うねさん 有り難うございます☆


---2007/11/28 09:03追記---


---2007/11/09 08:42追記---
橘キクチさん 詩は、詩であるべき。とおもいながら書いています。
静謐。その感覚が伝わって嬉しく有り難く思います。

---2007/11/10 07:49追記---
藍沢颯太さん その感覚と感性を有り難く思います。


---2011/09/01 09:14追記---
---2011/09/01 09:15追記---

訂正履歴:
最終行、最後に「!」を追加。失礼しました。07-11-8 16:01

Home
コメント更新ログ