シチューを煮込む鍋のとなりで/若原光彦
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- はじめ 
- あおば 
- ポッケ 
- 太郎本人 
サム・ペキンパーに通ずるすばらしいヴァイオレンス描写。
- もも うさぎ 
・・・すご。
- PULL. 
- かおる 
- やぎしき 
- 水町綜助 
あらら
- 北大路京介 
- もののあはれ 
- 大村 浩一 
意地悪で良いなあ、この詩。(笑) 
名古屋の朗読シーンは如何ですか。そのうち加勢に参ります。
- たたたろろろろ 
- サナギ 
- 蔦谷たつや 
- tiki 
面白かった。
- イチカワナツコ 
- エスカルラータ 
群を抜いた破壊力。
「女王牛語」〜等の創造力にも
賛辞を贈ります。
- m.qyi 
- 猫道 
- 六九郎 
腹が減る
 
作者より:
 2007-02-11、『poenique』のコーナー「即興ゴルコンダ」参加のため創作。タイトル指定はたたみがわろろさんより「シチューを煮込む鍋のとなりで」。自作短歌の下の句とのこと。
 2007-02-12、上述の投稿作を微調整し『現代詩フォーラム』内「自由詩」カテゴリに投稿(当テキスト)。

戻る Home
コメント更新ログ