あの満月に帰りたい/松岡宮
aidaさんのコメント
たまたまでしょうが、わたしも夜道を歩いて
星だか月だか家だか、とにかくどこかに帰りたいという
詩を書いていたので、拝読してビックリしました。