死人にビスケットを持って会いに行く
後悔とかがないライフスタイル
一人ぼっちじゃないんだろね
金くれ
見つけあった街に戻って
やり直しを終わらせる

ついに勃発したゾンビ大戦
ゾン ....
恋という窓から距離を置くと
履かないスカートはカーテンになり
貰った口紅は背比べする

化粧ポーチが軽くなる度に
鏡を見ずに醜くなったのは
年を取ったせいだろうと思う

この部屋にクラ ....
ねぇ、おとうさん

なんで 戦争反対をするの 次世代のこどもたちが徴兵されるからだ / なんで そんなふうに思うの 新聞を、読んだからだ、たくさんの人にあって活動していたからだ /なんで 活動する ....
氷の上を
ボクは滑る
つーっとおなかで
海へドボン、だ

好きになったら
ことばにしなさい
それが恋の正しさなんだ、と
雑誌は教える
ポパイだったか
スコラだったか

おなか滑 ....
内に冷たさを保っておけ
あらゆる熱を相殺し
暴走する思考回路を抑え付ける
そういった冷たさを保つのだ
同じ作業を繰り返すだけの機械に
下らぬ虚栄心をインストールし
つまらぬ敵意を見出させる ....
しあわせが雲のように
ふわふわと私の周りに漂っている
今しあわせの中にいるなと
気にしなければ
気づかないくらい何気なく

たぶんそのしあわせは
閉じ込めておくことはできなくて
いろん ....
罪人を眺めている
誰かの腹の中のように風のない夜
迎え火が目蓋の此方
灰に包まれた心臓のよう
ゆっくりと消えて往く
ただ罪人を眺めている
正義については微塵も語らない
なにかを殺し続ける ....
酔えよこのやろう
歌え張り裂けるまで
カード飛び散る煙城の下
叩け夜明けまで
浴びよ金の酒
皆が見ている幽霊船
堂々と人間海を渡るんだ
手を出せ殴り倒せ
吐けよ言葉
裏腹の果実を降ら ....
十年前のわたしが知らなかったのは、ほんとうにひとは死ぬのだということ
息は絶えるし、姿はみえないし、さよならはいってくれません

十年後のわたしも知らないのは、ほんとうのひとの愛し方
結局こん ....
スマートフォンは
冷蔵庫を目指したのだ

一定の温度で保存ができて
いつでも取り出せる
冷凍食品で時間も短縮できる
情報の冷蔵庫を作りあげた

しかし冷蔵庫に
人間を閉じ込めたら死に ....
疲れ果てた
蒼白い顔、顔、顔、
なかなか動かない手足、
休憩ばかりの調理実習、
皆、腰を降ろしては
だるい体を懸命に動かしている
「またさぁ
薬増えたんよ 
今度は一日三十錠だって」
 ....
困るんです

私の夢に現れては
困るんです
迷惑です

ええ、そりゃあ昔は、好きでした
あなたのことが、好きで、好きで
たまらなかった
そういう時期もあったとさ

お願いですから ....
豊かな香り

いつもの珈琲

70g



数字は

合っているんだろうね

寸分たがわず



日本がなんだか

イヤになるとき

ないですか?


 ....
まだ夜も明けない朝
また目覚めてしまった
玄関をあけ、階段を降りる
道路には闇にたたずんだ外灯がある
何かが舞っている
羽虫のような生き物
排尿をしながらそれを眺めていると
細かい雪だっ ....
おはよう
親切の天使たち!
神に届くような青い空の
隙間を抜けて
今日も
僕に会いに来てくれる
何時も僕に
楽しい出来事を
もたらしてくれる
美しい天使たち
いつも誰にでも
にこ ....
障子をあける
(スパゲティ)
障子をしめる

障子をあける
(スパゲティじゃない)
障子をしめる
炭酸水を一息に飲んだ
目を瞑って喉をひらいて
爽やかさを求めたのに
圧迫感しか残さなかった

未来は楽観的なのだろう
心配は何もないのだろう
その感情は罪なのだろう
現状が善後策なのだ ....
ほそいぼうがあって
そのぼうに
あなのあいた
木の玉をさしこむ
いくつも さしこむ
すると
友だちのおかあさんは
ぼくに
いってらっしゃい
という
ぼくには なんのことだか
わか ....
えんぴつの先をなめると
むらさきの花がしろい花になって
しろい花がむらさきの花になった
おもしろいね
くうちゅうブランコしていたひとは
振りこのうんどうをやめ
ブランコからおりてきて
ど ....
東急ハンズへ行くと
サイコロうりばがあったので
そこでずっとぼんやり
サイコロを見ていた
カラフルなサイコロや
多面体のサイコロ
小さなサイコロ
大きなサイコロ
なかが透けて見える
 ....
ぬるいぬるすぎる
もっとだ
もっと高く 死ぬ直前まで 恐れる事無く
突き進めない者達に 創造を語る権利はない
光る指先 弾けるシナプシス 迸る内臓の噴水
意識を評価するほんの一滴の理性 追い ....
七分、という時間はないのよ
電車を乗り継ぐ時間があるだけだわ
と女はいった

三秒、という時間はないの
日傘をひらく時間があるだけだわ
とも女はいった

それから彼女は快速に身をゆ ....
田舎のお母ちゃんから
メールが来た
これはお前のためだから
私は間違ったことは言わないから
必ず将来役に立つから
くどくど
くどくど
くどくど

新しいスポンジと
クールボディーソ ....
しようとして したのではない
しようとしないからできること

いたるところに仕掛けた笑いの影で

逃げたのではなく逃がしたのだ
あなたはあなたを 作品の中へ

なに不自由なく澱んでいた ....
少年は秘密を閉じ込める
美しい叔母のブローチをこっそり隠すように
部屋に鍵をかけ 歩哨さながら見張っていたが
閉ざせば閉ざすほど膨らんで行く 妄想は
秘密を太らせるのにはもってこいの餌だった
 ....
真夜中に目を覚ますと
キッチンのテーブルに誰か座っている
見れば自分ではないか
寝ないのか、と問うと、寝るのか、と答える
最近どう、と問うと、知ってるくせに、と答える
仕方がないので向かい側 ....
この石の中では
絶えず雨が降っている

そう言って一粒の小石を
娘の手のひらに載せた
その人は叔父だった
いつでも青いマントを着ていた

血の繋がりはないけれど
とある出来事があって ....
朝陽の「おはよう」って声に「おはよう」と返す。
雨の日にカエルの人生相談に乗ってあげる。
自分の身体より大きなパンケーキをみんなで食べる。
そんな絵本みたいな暮らしがしたい。
君のために開け放たれた窓は、少しずつ風景を描き始めた。君の中に降ってくる光や闇はとても温かく、純粋な愛情の洗礼を受けている。君は今日、裸足になって歴史の川に足を差し入れた。歴史の川はとてもきら .... 部屋一面 起き抜けの尿の色だ
永い永い言い訳のような廊下を
既に冷たい素足が横行し続けている

いけない事だ
あぁ 本当にいけない事だ
元気でね、と祈られることは
もう元気でないことが悟 ....
若原光彦さんのおすすめリスト(391)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
死人にくちなし- 竜門勇気自由詩2*18-5-20
in_the_room- ミナト ...自由詩418-5-12
滲む記憶- 田中修子自由詩918-5-8
恋するペンギン- umineko自由詩5*18-5-6
温度- 氷鏡自由詩318-4-27
しあわせ- 木屋 亞 ...自由詩318-4-22
愛や情けを書けば良いそれは君らの仕事だから- ただのみ ...自由詩15*18-4-18
酒神ゴーシェ- 腰国改修自由詩2*18-4-9
a_decade- 笹子ゆら自由詩418-3-11
冷蔵スマホ- イオン自由詩4*18-3-10
就労支援所- 葉山美玖自由詩19*18-3-9
困ります- 梅乃花世自由詩418-3-9
まあ、しょうがないか- よーかん自由詩418-3-7
三月- 山人自由詩10*18-3-7
親切- カズくん自由詩2*18-3-5
和室- ねむのき自由詩718-3-4
一息に- じおんぐ自由詩318-3-3
木の玉- yup自由詩3*18-2-24
えんぴつ- yup自由詩4*18-2-22
サイコロ- yup自由詩3*18-2-22
突き詰める姿勢- 狩心自由詩318-2-22
時計- 一輪車自由詩12*18-2-14
赤城山- 葉山美玖自由詩4*18-2-7
「――№3」に寄せて- ただのみ ...自由詩10*18-1-17
秘密- ただのみ ...自由詩7*17-12-20
自分ばかり- やまうち ...自由詩417-12-16
アメジスト- やまうち ...自由詩517-12-4
暮らし- 水宮うみ自由詩2*17-12-2
七五三- 葉leaf自由詩417-11-25
私の家族- 冷水自由詩317-11-20

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「死人にくちなし」から「私の家族」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。