羽も 曇のかけらも息苦しく
空の喉から吐き出されている
水平線に生い茂る咳
白く白く渦まく風


動かぬ曇の歯車が
動かぬままに重なりつづけ
やがて月に照らされながら
 ....
砂の時計をひっくり返し、3分待ったらふたたび汗にまみれてきっと目覚めるだろう。階下で眠る私の家族を起こさぬようにそうっとタオルをとってふたたび夢にそなえる。祈りを言葉にかえてとなえる。

 ....
聴いているだろうか
美しい汗をかいたコップ一杯の
水をもってきたひとよ
深い井戸から汲まれたものとは知らず
いまごろになって
高低の差分に感じ入ったのではない

腕を伸ばして
何もない ....
ナホちゃん
花を摘んであげよう ほら
短い時の中に隠れていた
にじんだ星みたいな花です

 砂利の敷かれた軒下で
 開いた春のままごとの
 ほんの少しのお客さま
 困った顔のお客さま
 ....
わたしの前の席が空いたけど
今しも都市のかなたに沈もうとする大きな夕陽を
見続けていたかったので
座らなかった

燃え滾る線香花火の火球のような
太陽だった
それを反射して真紅に光る壁面 ....
霧雨を少し大きくしたような雨が、いつまでも収まらない怒りをくどくどと言い続ける情けない男のようにいつまでも終わることがない。
雨にむせぶ、おびただしい草の群落が工場一帯を包み、土から這い出た隆起 ....
暑い
むしむしと暑い
〈病院の冷房は皆さんの健康のため26度設定です〉
自律神経失調症の僕は
ぼうっとしてしまう
ぼうっと遠い海を思う
青く涼やかな海原が
静かにたゆまず波打って
潮の ....
園芸すきな
こてんはあげん先生
満点くれへんかった

こたえのない問やから
空欄のまましとったら
そんでは点やれんのやと

ほんならまともなこたえて
そん花壇に
さいてたんかいの
 ....
やまどりの
朗読するように
心涼やかに
鳴く声を
聴く

山頂の展望台好きな
ヤマノムスメは
深い谷川に
落とされて
沈められ

あられもなく
ただ死にゆく
そんなさだ ....
いとしくていとしくて
星空を仰いだその
裸の心
ではなく
裸の体

そこにみつけたい

ずっと伝えたかった

生まれ育った田舎の田んぼのあぜ道
泥まみれになって駆け抜けてたあの ....
今朝、新聞で見た6文字
「帰還困難区域」

関係ない人だというのに
ふと、ふうっと、ため息が伝いました

だれかの家に残された
食器や、棚や、ドアの傷
スーパーのビニール袋や、プラスチ ....
あの空はこれまで
いったい
どれほどにんげんの血を吸ってきたのだろう
そのたびにますます青く
とうめいになってゆく青空

あの海はこれまで
いったい
どれほどにんげんのため息をのみこん ....
年末年始の休みは若い二人にとって
一緒にいるだけで十分だった

ただ大晦日の大掃除の時は派手な喧嘩もしたが
弾ける二人に年越し蕎麦なんて関係もなく
ましてはおせち料理なんて気にもしな ....
ぜんぶ、紙吹雪になったらいいのに。
そう呟いた人から順に紙吹雪になっていく。
街は君の涙を無感動に見つめていた。
僕達の毎日は、いつまでたっても世界に届かなくて、
幸福な朝にだって白い孤独がち ....
落ち葉が集まる
回転ドアの中
振り返る季節に
折り目をつけようと

頬を叩いた紅葉が
赤くなって
蟹みたいな歩き方で
立ち去る

人に踏まれながら
指を捨てたら
大事な約束を
 ....
そのころの
ぼくの悲しみは
保健所に連れて行かれる猫を
救えなかったことで、ぼくの絶望は
その理由が彼女が猫は嫌いだからという
自分というものの無さだった
ぼくの諦めはその翌日も同じように ....
こツン、と
硝子戸がたたかれ
暗い部屋で生き返る
耳鳴りがしていた
からの一輪挿しは
からのままだ

幼い頃、祖父が置いていた養蜂箱に
耳をあてたことがある、蜂たちの
羽音は忘れたけ ....
帰り道に空になった弁当箱に納めたのは月でした
夜の道路にころりと落ちて悲しくて
これでは死んでしまうと思ったので
それにしても十月は騒がしく
息は
吐かれるのを忘れられたまま
コン ....
丹後富士の頂へ
うろこ雲が巻き上げられていくと
明日は雨が来るといつか聴いた
あれはだれの言葉だったのか

町を歩く人びとは明日の雨を思い
空を見上げることはないようで
誰もが今を足早に ....
秋が来て
少し硬くなった
夜と言う果実

その表皮を
ゆっくり
ゆっくりと
冷えたナイフが
削り取っています

水のような風が
ダイアモンドの粒を
吹き上げながら
刃先へと運 ....
石ころになりたかったんです
道のはしっこで
誰の目にもとまらないように
ときどき蹴飛ばされても
誰のことも恨まないような
ちいさな石ころになりたかったんです

たいせつな物は思い出の中に ....
やさしいひとが
笑えない世の中で
山河に吠えている

一体何と戦っているんだ



言葉を交わせないひと
心を通わせ合えないひと
ひとつの世界しか見ないひと
ふりかえることのない ....
空を横切るシャボン玉に映る
街は水槽の墓場みたいな
プランクトンを浮かべた光だ

高層ビルが歪んで見えるから
手が届いたらタイムカードを押して
ブランコを漕ぐ時間が欲しいな

腕時計の ....
瞬きするたびに肌を刻んで、わたしは大人になっていく。昔よりもぼやけた視界のどこかで、この街では星が見えないと舌打ちが聞こえた。ここも誰かの故郷なのだと、わたしたちは時々忘れてしまうね。この目が誰の輪郭 .... 雨の中、私たちは山林の中で
斜面にへばりつき、雑木を刈り払っていた
一列刈り取り、再び戻り、それを繰り返す
雨具の袖をめくり腕時計を確認し
それぞれが気ままに休憩する
雨具が湿気で衣服を ....
朝焼けから逃れ
倒れ臥した
ささくれた木目に
つらなる
鳥のまたたく気配に
髪の伸びる音は擦り寄り
はぎ合わせた日々に刺さった
あかい
年増女の怒鳴り声が
ふるえる
二重ガラスはあ ....
待つことになる約束などしなければよかった
待たせるような人を好きになってしまった
待っている間に雲を水平線を見ようか
暑い夏のこの駅で私はあなたを待つ
そういえば乗降客はいない
気の早いアキ ....
一日の終わりに西日を拝める者と 西日と沈む者
上り坂を登り終えて病院に辿り着く者と そうでない者
病院の坂を自分の足で踏みしめて降りられる者と 足のない者
西日の射す山の境界線で鬩ぎあいの血が
 ....
半粘性の液がとくとくと垂れ流れている
青緑の、今は白反射な広野に透き緑な液が注がれている
心地よく伸びる地平線に赤若い太陽は沈もうとしていて
斜度の低い残光が針としてサバンナを走り抜ける
その ....
猫のように飛べたらいいのに
草原を這い進む低空飛行で
ミステリーサークルを君に作ろう
気がつくとひとりで夜汽車を見つめて
オーンオーンと長泣きする
疲れたから全部を垂れ流して
引きずるよう ....
松岡宮さんのおすすめリスト(1219)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
あかり_はじまり- 木立 悟自由詩419-11-21
砂時計- ああああ自由詩119-7-25
くちくさの火- 一輪車自由詩6*19-7-9
ナホちゃん- オイタル自由詩4*19-7-7
高架を走る電車の窓から沈む夕日を見つめていた- Lucy自由詩13*19-7-3
工場- 山人自由詩2*19-6-30
看護士と海- ひだかた ...自由詩1019-6-28
流れける_を続けとる- AB自由詩5*19-6-28
アボガドのサラダ- 秋葉竹自由詩8+19-6-27
はだか- 犬絵自由詩519-3-13
6文字の冬- 梅乃花世自由詩619-1-19
正月雑感- 一輪車自由詩1*19-1-4
初詣- 羽根自由詩20*18-12-29
卒業式- 水宮うみ自由詩5*18-12-27
分身- ミナト ...自由詩518-11-24
日々- 帆場蔵人自由詩418-11-21
耳鳴りの羽音- 帆場蔵人自由詩3*18-11-14
- はるな自由詩818-11-11
伝えられてきた言葉- 帆場蔵人自由詩5*18-11-11
夜_- ヘタレ自由詩7*18-10-23
未詩・秋のはじまりに- 西山周自由詩2218-10-20
手袋はとってください- AB自由詩518-10-17
破裂- ミナト ...自由詩2*18-10-16
真夜中の東京はきみの彩度を上げていた- 青花みち自由詩7*18-9-29
除伐(横吹け地区にて)- 山人自由詩8*18-8-31
- 自由詩218-8-27
夏の駅- 腰国改修自由詩3*18-8-9
西日- 為平 澪自由詩318-7-16
サバンナの光と液- 渡辺八畳 ...自由詩418-7-2
夜の国の些細な出来事- 腰国改修自由詩3*18-6-24

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「あかり_はじまり」から「夜の国の些細な出来事」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。