こツン、と
硝子戸がたたかれ
暗い部屋で生き返る
耳鳴りがしていた
からの一輪挿しは
からのままだ

幼い頃、祖父が置いていた養蜂箱に
耳をあてたことがある、蜂たちの
羽音は忘れたけ ....
帰り道に空になった弁当箱に納めたのは月でした
夜の道路にころりと落ちて悲しくて
これでは死んでしまうと思ったので
それにしても十月は騒がしく
息は
吐かれるのを忘れられたまま
コン ....
丹後富士の頂へ
うろこ雲が巻き上げられていくと
明日は雨が来るといつか聴いた
あれはだれの言葉だったのか

町を歩く人びとは明日の雨を思い
空を見上げることはないようで
誰もが今を足早に ....
秋が来て
少し硬くなった
夜と言う果実

その表皮を
ゆっくり
ゆっくりと
冷えたナイフが
削り取っています

水のような風が
ダイアモンドの粒を
吹き上げながら
刃先へと運 ....
石ころになりたかったんです
道のはしっこで
誰の目にもとまらないように
ときどき蹴飛ばされても
誰のことも恨まないような
ちいさな石ころになりたかったんです

たいせつな物は思い出の中に ....
やさしいひとが
笑えない世の中で
山河に吠えている

一体何と戦っているんだ



言葉を交わせないひと
心を通わせ合えないひと
ひとつの世界しか見ないひと
ふりかえることのない ....
空を横切るシャボン玉に映る
街は水槽の墓場みたいな
プランクトンを浮かべた光だ

高層ビルが歪んで見えるから
手が届いたらタイムカードを押して
ブランコを漕ぐ時間が欲しいな

腕時計の ....
瞬きするたびに肌を刻んで、わたしは大人になっていく。昔よりもぼやけた視界のどこかで、この街では星が見えないと舌打ちが聞こえた。ここも誰かの故郷なのだと、わたしたちは時々忘れてしまうね。この目が誰の輪郭 .... 雨の中、私たちは山林の中で
斜面にへばりつき、雑木を刈り払っていた
一列刈り取り、再び戻り、それを繰り返す
雨具の袖をめくり腕時計を確認し
それぞれが気ままに休憩する
雨具が湿気で衣服を ....
朝焼けから逃れ
倒れ臥した
ささくれた木目に
つらなる
鳥のまたたく気配に
髪の伸びる音は擦り寄り
はぎ合わせた日々に刺さった
あかい
年増女の怒鳴り声が
ふるえる
二重ガラスはあ ....
待つことになる約束などしなければよかった
待たせるような人を好きになってしまった
待っている間に雲を水平線を見ようか
暑い夏のこの駅で私はあなたを待つ
そういえば乗降客はいない
気の早いアキ ....
一日の終わりに西日を拝める者と 西日と沈む者
上り坂を登り終えて病院に辿り着く者と そうでない者
病院の坂を自分の足で踏みしめて降りられる者と 足のない者
西日の射す山の境界線で鬩ぎあいの血が
 ....
半粘性の液がとくとくと垂れ流れている
青緑の、今は白反射な広野に透き緑な液が注がれている
心地よく伸びる地平線に赤若い太陽は沈もうとしていて
斜度の低い残光が針としてサバンナを走り抜ける
その ....
猫のように飛べたらいいのに
草原を這い進む低空飛行で
ミステリーサークルを君に作ろう
気がつくとひとりで夜汽車を見つめて
オーンオーンと長泣きする
疲れたから全部を垂れ流して
引きずるよう ....
風が吹いていないのに
道路沿いに植えられた背の低い植物群が
多分、何百万枚もの小さな葉を従えた
何万本もある細い枝を
台風が過ぎ去ったばかりのように
すべて同じ方向に振り上げているのだ
ま ....
霧と緑と
夜に立つ巨樹
空と地を埋め
ひとり高く


低い曇の下
平原を
草より低い影がくぐり
最初の雨を引き寄せている


夕暮れのかけら
まとわりつく糸
 ....
星の光が時を教えてくれる。

まだ1週間もたたないから
山頂から見た星をおぼえている。

夜風はまだ少し冷たくて、
あなたは小さな声を、
(寒い)
僕をみあげてそっ ....
助手席に猫がいる
仕事を終えて帰ろうとすると
どこからかやって来て
そこへ座る
猫といっても猫らしくなく
長靴など履いて
シートベルトもきちんとしめる
近くの事務所に勤めているらしいが
 ....
まぶしいのは
ずっと目を閉じていたから
そこは優しい闇に似た架空世界で
行こうとさえ思えば深海にも
宇宙にも
過去にだって行けた

あのスカートはどこにしまっただろう
青い水玉模様
 ....
項垂れる
久しぶりに
脱力して
やる気はすべて消え失せた
蛻の殻と化したこの身体を
支えてくれるのは大地のみ
雨に打たれ
風に吹き付けられ
人様に踏みつけられようとも
微動だにせず
 ....
ふくろうは見つめている
夜闇に映る凄惨な狩りを
遥か巌の遠吠えの主を
草深きの褥の情交を
物言わぬ月が
冷たい石を照らすように

ふくろうは聞いている
産声のように苦しい呼吸に
伸び ....
かお

かわ
いい
から



こと

しな

しな

つくって
いく
ことを
ほんのう
てきに
えとく
して
いる
ごう



 ....
毟るのです
毟るのです
私の血と肉を


ひよこは産毛がふわふわしてピヨピヨとおもちゃ
のように可愛いですが大きくなった若鶏は目がキ
ョトキョトして時々雄叫びを挙げて意志の疎通が
全く ....
たまに
眼球を取り出して水で洗いたいと言う人がいる
それを本当に実行した奴がいて
それを目の前で目撃した女がいる
その女をストーカーしている男がいて
その時ドアの前に立っていた

部屋の ....
気づいたら宙に浮いていた
気づいたかい?
僕はお空に浮かぶようにふわりふわりと

原色を忘れそうだよ

僕がはてた地上の事故現場とか、見えるよ、見えるよ

美しいボーダー波数の単音 ....
目を覚ました
しとしとと音がしている
しずかな朝の、
雨音の音階を調律するひとがいる
誰だ。
調律師は物憂げな顔で指先を動かす
ふと音がなめらかに
なったかと思うと
その指 ....
銀河の高さの
白い霧
夜に架かり
動かない


左の肉の寒さが目覚め
右より細く震える時
月は余計に そして速く
見るものの方へと割れはじめる


光に光をこぼ ....
其処、
でも
底、でも宜しい
僕は明滅を繰り返している
詩、

ペンを握ることは、闘い
輝くことの
ペンを握ることは、、祈り
不甲斐ない鼓動に
春の雨が降る
ざー
ざー ....
 
つかれちまって泥人形
こころがどこかに行ってしまった
今日は身体を休めることだ
魚じゃないから
人間だから
花でもありません、
だから涙することがあるのです

膨張していく宇 ....
どこかの町の帰り道
駅に向かって歩いていると
ふと足元たぬきの置物が三匹目に入る
それぞれ違う楽しそうな
わははと笑い
おっとっと戸惑って
今にもおしゃべりしだしそうな
通り過ぎるには惜 ....
松岡宮さんのおすすめリスト(1223)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
耳鳴りの羽音- 帆場蔵人自由詩218-11-14
- はるな自由詩818-11-11
伝えられてきた言葉- 帆場蔵人自由詩5*18-11-11
夜_- いきり自由詩7*18-10-23
未詩・秋のはじまりに- 西山周自由詩1818-10-20
手袋はとってください- 仲程自由詩518-10-17
破裂- ミナト ...自由詩2*18-10-16
真夜中の東京はきみの彩度を上げていた- 青花みち自由詩7*18-9-29
除伐(横吹け地区にて)- 山人自由詩7*18-8-31
- 自由詩218-8-27
夏の駅- 腰国改修自由詩3*18-8-9
西日- 為平 澪自由詩418-7-16
サバンナの光と液- 渡辺八畳 ...自由詩318-7-2
夜の国の些細な出来事- 腰国改修自由詩3*18-6-24
帰路の夕景- 腰国改修自由詩3*18-6-16
風と水- 木立 悟自由詩318-6-8
みあげれば星、みおろせば街灯り。- 秋葉竹自由詩418-5-19
猫次郎- やまうち ...自由詩8*18-5-10
燕よ- そらの珊 ...自由詩1718-5-9
力ない眠り- 坂本瞳子自由詩3*18-5-7
ふくろう- 宵闇自由詩518-5-1
アケイライは地獄語を話す。体重は750ポンド(約340kg) ...- 6自由詩318-4-15
聖家族団欒- 葉山美玖自由詩12+*18-4-13
空飛ぶ眼球- 狩心自由詩218-4-3
Specter- 暁い夕日自由詩6*18-3-28
雨の日と月曜日は- かんな自由詩12*18-3-21
径に_残る- 木立 悟自由詩1018-3-17
#52- 田中恭平自由詩218-3-16
#49- 田中恭平自由詩318-3-14
たぬきの置物- 灰泥軽茶自由詩518-3-10

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「耳鳴りの羽音」から「たぬきの置物」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。