ことばに小さなドリルで穴を開けていく。覗くとことばの裏側が見えるので試しにやってみて欲しい。小学生や中学生の夏休みの自主課題に合っているかもしれない。ことばを選ぶのが難しかったら、分厚い辞 .... 宙に 浮かんだまま 漂っている
意識

ふらふら
 ふわふわ
  流れ続ける時のなか
   痛みながら呻きながら
   肉と繋がり
  引き留められ
 わたしの在り処を
探してい ....
朝を折りたたみ
昼を折りたたみ
犬を折りたたみ
猫を折りたたみ
自宅を折りたたみ
通りを折りたたみ
横断歩道を折りたたみ
バイパスを折りたたみ
街を折りたたみ
都市を折りたたみ
飛 ....
死にかけている
老人を背負い
私は迷路に
入ってしまった
いや、
導かれてしまった
のだろうか?

コンクリート壁に囲まれた
薄暗く狭い地下道が
何処までも続いていた
老人は間欠 ....
太陽がまだ昇りきらない
鈍い光の中
近所の大きな公園を散歩する
芝生は朝露に濡れて
紫陽花はしとやかに
私はひもを引っ張るように
快楽と安寧を手繰り寄せる
公園にあるものはすべて ....
雪は音を吸い
空間は静寂する
踏まれた雪は含んでいた音を漏らし
ぐもっ ぐもっ ぐもっ
と音をたてる

雪は彩度を吸い
空は鈍色になる
彩度を吸った雪は重くなり
空から落ち
地を白 ....
地球のどこか遠くから 一瞬で
青空を飛び 星空を越え
風を切り  雲の中を通り
やがて銅線や 光ファイバーにのり 
やってくる

HLSの  神秘的な宝石たちは
スクリプトで集められ 美 ....
たたきを食べる
叩きのめした肴を食べる
キザミネギやおろししょうが
をやくみに食べる
受け皿にはポン酢
風味が増したポン酢
ご飯に受け皿の汁を
ぶっかけ食べる
激しい雨の夜
自分 ....
少し前に
ステンレス製のシンクの隅に
小さい蜘蛛くんが住み着いて
僕の方をじっと見ている
僕もじっと眺めていると
お互いじっとして動かない

脚は八本、小さな毛がふさふさで
シマシマが ....
灰色の街に
今日もじゃぶじゃぶ降りしきる
情報洪水の雨達

駅のホームに立つ人々は
小さな液晶画面
の上に
人さし指を滑らせる

ひとり…ふたり…と
人がロボット化してゆく様を
 ....
普段、滅多に人前に姿を現さない頭文字Gが
今朝、玄関の土間に佇んで
じっと外を見ていた

長い触覚を時折上下左右に動かしながら
ぼくが来たことにも気づかず
まっすぐに外を見ていた

今 ....
ウジ虫を高い所に置くと
簡単に落ちて来る
ニラレバ炒めの香りにやられて
簡単に落ちて来る
トレーナーのミッキーに
ウジ虫を鍛えさせた
ウジ虫の多種類の筋肉を
広く短く鍛えさせた
ヒキガ ....
無数にドライバーを突き刺され
美しきあなたの肉体よ
鋼鉄の逞しき肉体よ
それが端から崩されていく
何百人もの工員があなたの上を這って
いやらしく群がっては蠢いて
そしてみずみずしい肉体を剥 ....
繰り返される日々の中で
身も心もすり減ってゆく
紫陽花が咲く坂道を駆け下りる
雨色の風が頬を撫でる

ここまで生きてきた
どこまで行くのか
わからぬまま
歩く

蛍火はなつかしく揺 ....
ぼくはいつから
幽霊だったのだろう

きみはいつから
幽霊ですか

幽霊である事は
隠さねばならない
のだそうで

誰かに言われて
慌てた記憶

隠さなくては
と言われても ....
ガラス窓の向こうで
風が吹いている
木々の梢は風になびき
空を掃いて 葉が{ルビ細々=こまごま}と翻る 
くろく空裂く鳥の群れか
とおい湖の 波間の影かの ごとく

音は聞こえない
あ ....
黄色い果物と言えばバナナである。
あの寸詰まりでない流線型のかたち
何よりも甘くて柔らかい
正直なところ羨ましいと檸檬は思う
檸檬は本当の意味で安心できる人間関係を
経験した事がない
兄弟 ....
石の中の振動子が活動をやめている
以前は暗くなればぼんやりと光り
触れば柔らかい温もりが有ったが
数日前から硬く冷たくなった
僕達は予測していたから
特に驚きもしなかったけど
ただ悲しかっ ....
傾斜を下り刺し殺された命たち
多くの者は海の最果てで
多くの者は自明な住宅で
この土地で地を這い工事していると
命たちが呼吸に紛れ込んでくる
もはや死んだ命たちは生活の粒子
我々の ....
火の消えたタバコを自分の左手に擦り付けた
それがせめてもの断罪だった

罪と知らず犯す罪は
知らずの内に他人の罪になった
償うことも
学ぶこともせず大人になった

誰にも知られず犯す罪 ....
ああ、いい風だ
涼風が坂を吹き降りて来る
そのたび体も魂もすっと軽くなって
吹き出る汗を拭くことも忘れ
風に乗りふわりと舞い上がっていくようだ

ここ最近は夏日と春雨が交互にやって来て
 ....
両手を広げてみる
手の平じゃない
腕を
肩を張って
手を肩の高さまで上げて
腕を水平に真っ直ぐに伸ばして
手の平は地面に向けて
身体全体で十の字になって
真っ直ぐに立ってみる
特に目 ....
日射しにぬるむ木蔭に焼かれた
横たわるしろい肌
くるぶしを舐める犬の舌のざらつき
渇いていく唾液とこぼれる光は
すこやかにまざるばかりで手放しかたを忘れながら
あたまをなぜてやる

季節 ....
とっくに終わったよと
あきれ顔で南の国に言われそうだが
待ちに待った開花だ
長かった冬に別れを告げる合図だ

こんにちは
思い出を咲かせる
友よ
そとのあかるさは
風のように部屋を訪れる
異国の布の隙間からのエトランゼ
誘うように歌いながら

もう春のワルツでなく
初夏、その一歩だけ手前の
ひと時だけの静けさへの{ルビ招待状=いざ ....
何度殺そうと思い
何度死のうと思い
やっと今日を生きて
平穏を噛み締めたか

痺れていく四肢に
冷たい雨が降り
ここで死ぬのだと
孤独に感謝する

溢れる接続詞
砕けない水晶
別れなどいらない
 ....
さて今日も花が咲き
往来はあざやかな灰色
卵を割る指に思いが絡まって

( )

シャツを洗い シーツを洗い くつ下を洗い
はがれ落ちる自意識をかき集めてくり返し洗い
 ....
脇目も振らずに走ってきたよ
余所見をしている余裕はなかった
家と会社を往復するだけの毎日

ケースに入れたままのギター
若者の音楽を受け付けなくなって
大好きな歌も歌えなくなっていた

 ....
実は二十七歳とか三十前とかに死ぬんだと思ってたんだ
別に悪魔と契約した訳でも無いけれど
気付けばおめおめと生き延びてる事に気付いたんだ
別にそれが恥の多い生涯でも無いけど
さっさと和了って死に ....
内なる外が押し寄せて来る
外なる内が押し寄せて来る

誰もいない、繋がりはない 
白い空間奥まる深夜
圧迫され窒息する
深みへ奈落へ落ちてゆく
(揺れ震える肉の魂)
ぬらりと赤い舌に呑 ....
松岡宮さんのおすすめリスト(1137)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
キリモミングフィールド- かんな自由詩4*17-7-24
わたし_の- ひだかた ...自由詩7*17-7-21
折り紙- やまうち ...自由詩11*17-7-18
聖なる重荷- ひだかた ...自由詩4*17-7-16
夏の朝- 葉leaf自由詩317-7-15
- 祝儀敷自由詩7*17-7-13
ダウンロード・スクリプト- st自由詩317-7-12
受け瓦- 宗像現象自由詩8*17-7-11
蜘蛛- カズくん自由詩3*17-7-10
大雨警報- 服部 剛自由詩417-7-5
夏のG- カズくん自由詩2*17-7-3
ウジ虫- 間村長自由詩617-7-2
解体- 祝儀敷自由詩217-6-20
紫陽花の坂- 星丘涙自由詩14*17-6-12
護るべきものに気づかないから変なものを失うことに怯える- カズくん自由詩4*17-6-11
ガラス窓の向こう- 「ま」の ...自由詩1*17-6-10
檸檬- カズくん自由詩5*17-6-9
振動子- カズくん自由詩4*17-6-7
生活の粒子- 葉leaf自由詩417-6-6
途中からよくわからなくなった習作- るむ自由詩317-5-29
涼風が坂を- ひだかた ...自由詩617-5-27
十文字- 坂本瞳子自由詩1*17-5-15
五月の犬- むぎのよ ...自由詩917-5-13
北の桜- 乱太郎自由詩11*17-5-6
ひかりの風- もっぷ自由詩717-5-4
生誕- ネン自由詩2*17-5-3
洗いざらし- はるな自由詩1017-4-30
花残り月- 1486 106自由詩9*17-4-29
あしあと- 虹村 凌自由詩317-4-27
悪夢再び- ひだかた ...自由詩4*17-4-15

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「キリモミングフィールド」から「悪夢再び」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。