プロト
言葉も無い
感情も無い

0101100―
ほどけていく
数字 羅列 アラート
ほどけていく

僕はプロト
言葉も無い
感情も無い

深刻なエラー
始めから終わるだ ....
恋は一方通行
君が好きなの
止まらないの

だけど
君とはもう終わったの
だって恋は一方通行
恋は愛にならなかった

道路標識
ONE-WAY

それも選択 ONE WAY
子供だましの遠足じゃない
帰るところまで遠足、うん、まさに。
ルール
都会の街から郊外の家まで歩きます。
とにかく
はっちゃけること
バカやること
童心をもった大人であること
データを ....
無数の彩色
飛び交う電波

派手な装飾
偶数の周波数

たくさん
いっぱい
カラフルなノイズ
頭に流れ込んで

色鉛筆を一本とり
塗りつぶす

世界を手にいれよう。
ひび割れた硝子
高層ビルの陰に飲まれて

片手にピストル
片手にナイフ
切れない規制概念
撃ち抜けないハート
私はクロ
凶器握りしめ
切り開くは汚れた狂喜

高層ビルのネオンに飲 ....
例えば誰かに伝えたい
綺麗な風景
恋心
押し込めたままじゃ伝わらないよ

上手く口に出せないこと
言葉にならない言葉は消えるの?

例えば誰かに伝えたい
苦しい痛み
流す涙
思い ....
日曜日雑踏
街は喧噪
祭の爆破予告
車の激しいクラッシュ
辺りに満ちるフラッシュ
眩しすぎる照明に映える紅
心地よく吹く風に舞うように
鮮やかに凄惨なHero

まるで作り物
主人 ....
街を彩る紫
ほら、もうすぐ

冷えたビール
飛び散る噴水
歓声にわく街
笛太鼓に舞い踊る

初夏の訪れ
一陣の風が吹く
誰かに向けた心
目覚めた想い
途切れたClowd

光る雨 虹の道
{ルビ天空=そら}へ誘う{ルビ聖風=かぜ}に乗り

放つ力 夢の途
光る路標を見つけたら
真っ直ぐに届けよう
 ....
炎は自由

ごうごう
ごうごう

積み重ねた薪は崩れ
自由を奪っていく
自由になるために積み重ねないと

輪になり囲んで踊れ
自然と一緒に

炎は自由

ゆらゆら

ゆらゆら
所詮アタシはアタシじゃなくて
都会の郊外に暮らしてんの
地下鉄の加速と仮想現実
買いもしない服
ウィンドーショッピング
街に溢れ出す極彩色
アタシには描けない
夢見てるタイミング

 ....
曖昧な言葉
すれ違いの感情
高速のヘッドライト
僕の影を斬った

曖昧な毎日
掠れてく声
切り出しかけて
言葉を飲み込んでいた

もう出会う筈のない誰か
もう出逢わない&quot ....
どこに押し込めておけばいい
この想い 形作る
口から吐いた言葉は嘘に変わる

どこに私はゆけばいい
この願い 型に嵌まる
生きる場なんてない、ただ泣きじゃくる

音の無い森でケモノ ....
北の大地にも春が届きました。

桜色の風が丘を翔けて
始業のベルに学生は駆けて

もったいない
足をとめて
桜と串団子

北の大地にも春が届きました。
新緑鮮やか皐月の丘は
どこを見ても"桜"です。
今日はポイントデー
ついつい買い過ぎちゃったみたい
殺傷能力は一人前よ
エコバッグからネギ。

月イチの被害者
ニュースでよく見る殺人事件みたい
生まれくる尊さも知らないのよ
無残に割 ....
揺らぐ決心
暗い森に咲く菫の花

震える手を天に伸ばし
振りおろす力は深く身をえぐる

信条 何が信条?
浸透 痛みは芯まで辛く
進行 それでも往くしかなく
真情 本当は弱い ....
おはよう
今日も良い天気

ちょっと早い朝
太陽におはよう!
みんなおやすみ
思い切り背伸びして
空さえも掴む力を充電

光いっぱいの朝
小鳥におはよう!
みんなおやすみ
さえ ....
夢は散り桜は咲く 合格ばかりが桜じゃない


心に飾った肖像画 外せない、当たり前に


ふとした瞬間に苦しくなるよ


本当は元に戻りたくなかった 友達の2回目


咲き誇る ....
桜咲いて
笑顔でゆこう
新しい日々
歩いてゆこう

久しぶりの雨
途切れた雲の隙間
薄暗い街に明かり射す
待ちに待ったBrand-new day

春一番にコートがなびく
上昇気 ....
熱で味がわからない

浮かぶ綿菓子
ハッカばかりのドロップ
七色の飴細工
積もったかき氷にシロップ
夜空に金平糖
夢のような国にトリップ

熱で味がわからない

きっと、とびっき ....
神様が居るなら
どうして君は悲しい目をするんだ
願いが届くことなんてなかった
全部綺麗事さ。

神様が居るなら
どうして人に命のリミットを設ける
結局、信仰宗教は助けてくれない。

 ....
深夜のファミレス
ドリンクバーで耐える
眠気覚ましのカフェオレ
机上に散らかる
ミルクと砂糖
ノートと空論

誰かが笑ってくれればいいな

不特定多数の笑顔の為に

誰かが笑って ....
真白に染まる朝の光浴びて
穢れ無き優しさを持った貴女は微笑む

別れの朝に白妙という言葉を贈ろう
貴女はいつも優しいから
桜咲け

真白に染まる白日の中で
辛いときに手を差し伸べる貴女 ....
 私が最初に詩を書いたと記憶しているのは、小学校一年生の国語の授業だったと思います。内容は絵と詩をセットにし、四季のいずれかについての作品を作るというもの。自分で言うのもなんですが、昔から国語と絵は得 .... もう離さない…確かに見えた淡く繋がる未来を


無理しないで 大丈夫貴方なら だからReset&Restart


笑顔、それは嘘だよ。まだ棘が刺さったままだ。


他人を想うあま ....
もしキレイな真白い羽根が生えていたら

なんで飛べずにいるの

光を浴びて黄色
空を映して蒼色
埃に塗れて灰色
雨風に泥濡れて茶色
傷口から溢れる緋色

緋色が酸化し ....
「15分以上もここで立っているんですか?」

よその見知らぬおばさんが問う。

確かに寒空の下15分以上待ち続けるのは可笑しいかもしれません

「15分以上待ち続けるの?」

返す答え ....
「ごめんなさい」

謝罪なんて要らないよ
貴方を信じてるから
とうの昔に許してる
何の見返りもあげられないけど

「ありがとう」

礼なんて要らないよ
貴方の為にやっただけで
感 ....
一面の白銀
深く足が埋まる
掻き分けて
踏み固めて
一歩ずつ、確かめて

"誰かが歩いたところに道はできる"

白い道に埋もれながら
ふとそんなことを想う

 ....
同じ言葉が人に与える解釈は違うし
同じ道理が必ずしも通じる世の中じゃないし
「お休み」が休暇なのかズルなのかわかんないし
納得いかない理由で責められることも多いし

不条理8割以上

言 ....
相羽 柚希(98)
タイトル カテゴリ Point 日付
01自由詩1*08/7/8 22:00
ONE WAY自由詩2*08/7/6 23:57
人間的遠足自由詩1*08/7/6 3:28
取捨選択自由詩1*08/7/2 21:43
君はシロ 私はクロ自由詩2*08/7/1 0:13
上手く口に出せないこと自由詩2*08/6/21 0:08
Hero自由詩1*08/6/11 0:58
LILAC携帯写真+ ...1*08/5/27 1:03
聖風(かぜ)の標自由詩1*08/5/26 20:47
キャンプファイヤー携帯写真+ ...2*08/5/14 0:21
大都会トリップ自由詩1*08/5/13 17:21
流星自由詩7*08/5/9 22:32
ライアー自由詩008/5/8 2:48
桜便り携帯写真+ ...1*08/5/2 23:18
月イチの被害者自由詩2*08/4/22 1:37
シン自由詩2*08/4/21 2:54
ちょっと早い朝自由詩1*08/4/8 5:41
一行詩集"Between you and me&q ...[group]自由詩1*08/4/7 2:50
Brand-new day自由詩2*08/4/3 17:17
Taste of view自由詩4*08/3/16 21:35
God is enemy自由詩2*08/3/15 18:27
深夜のファミレス自由詩4*08/3/7 1:59
白妙-貴女に贈る言葉-自由詩2*08/3/1 6:18
詩との出会い散文(批評 ...2*08/2/28 3:48
一行詩集"Let's call it a day. ...[group]自由詩4*08/2/25 1:49
羽根の色彩自由詩1*08/2/24 3:17
バスを待ちながら自由詩4+*08/2/22 22:29
唯、従うまで自由詩1*08/2/19 22:21
自由詩3*08/2/19 7:10
表現の力自由詩3*08/2/17 0:13

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 
0.91sec.