役立たずの僕、でも朝から勃つので、何とか生きております。
決して立派な茎ではないのですが、誰かの役に勃ちたいのです。
シャバシャバのカレーを母は嫌い、母のカレーはモッタリしていた。
そのモッタリが嫌で実家を出た僕は、シャバに放り出された様でした。

悲しい朝に目覚めたら、深く深呼吸を。
心の産毛へと、澄んだ風を送るように。



1番の歌詞が、みんなのものならば。
2番の歌詞は、あなただけのものさ。



ラフな ....

コーデュロイと10回唱えれば秋となる。
デュの発音、決して油断なさらぬように。



古着屋のお兄さん、元気かな。
首筋に、五芒星の墨の入った。



MA―1を着た ....

トンネルに入る瞬間、お前の瞳孔は開く。
嘗て獣だった頃、お前は俺を殺ったのさ。



僕の陰茎は暗闇に包まれすぎている。
なので、包み隠さずに打ち明けます。



夏 ....

目が覚めると、今日もプリンの一日です。
円グラフ、黄色で塗りつぶしちゃうのです。



夏の朝、粉ゼラチンを制鞄の底に隠し、隣町へ密輸の旅さ。
その町に住む不登校の友達に、プリ ....
茶柱が立った、が、すぐに座った、というか寝転んで、寝やがった。
気持ち良さげにプカプカと浮いて眠る姿に、あぁ何と縁起の良きこと。
小さなポシェットひとつで、あなたは何処へだって行けるんですよ。
もちろんポシェットふたつでも、おそらくポシェットなど持たずとも。
天空の城ラプタを観ようとしたが、そんな映画は見つからなかった。
それは、発音のままならない幼少期にだけ存在したのかもしれない。
その蜩は、おそらく、その日暮らしで生きておられる。
その鳴き声は、その日一日のための鳴き声ゆえに美しい。
夏夜にヒューズが飛んで、飛んだヒューズを両手で優しく捕まえた。
そいつの正体は何と小さな蛍で、僕はその小さな光で一夜を過ごした。
水溶き片栗粉を養分に、さなぎの餃子は羽化をする。
安アパートのキッチンで、輝かしい生命の進化です。
こんな真夏日には、恋心も焦げちゃって、もっと恋焦がれちゃった。
焦げは体に毒だと言うけど、こんな幸福な毒になら喜んで犯されたい。
大阪王将のある街で、歩兵の僕は何とか懸命に生きている。
「男なら将棋を上手くなれよ」と、そんな父上の言葉を胸に。
病床の旧友よ、それでもなお、夏への憧れを失わずにいておくれ。
学び舎は今でも坂の上に、サイダーは学食の自販機で冷えているよ。
おやじのくせに可愛い字を書く人で、その字の置き手紙が懐かしい。
僕ばかりあなたの字を知っていて、あなたは僕の字をきっと知らない。
背番号は貰えなくとも肩甲骨は八の字だ。
誰かに与えられずとも最初から持っていた。
青年ではなく青魚として、この夏をするりと越えてみせる。
一人ではなく一匹として、父の川を泳いでいた頃の身軽さで。
七夕の晩、みそ汁の具は短冊に切った人参と大根なのです。
根菜の短冊に恋の願い事をする男、僕はそういう男なのです。
終電の吊り革に手首を入れてしまえば刑は執行される。
僕らの手首は絞首刑により、その電車はきっと彼処行き。
あなたの悩みの種が、僕故に撒かれたものであればいいのに。
あなたが僕を想って夜も眠れず、僕故に胸を痛めたらいいのに。
腕に舌先をあてると塩辛くて嬉しくなる。
こんな僕も夏の一員なのだと嬉しくなる。
右の側頭部に寝癖がつくのが僕の癖でして。
その寝癖を優しく撫でるのが君の癖でして。
寝苦しい雨の夜は寝るのを諦め、心のボウルに酢の物を作りたまえ。
スノモノスノモノと6月の呪文を唱えながら、とても涼しい顔をして。
僕は晴れ男にはなれないけど、晴れ間男くらいにならなれるかも。
君が悲しんで泣いてたら、ほんの一瞬くらいなら笑顔に出来るかも。
蜘蛛を決して殺さないこと、幼き夏の夕に僕は僕と約束をした。
左右の小指で指切りをし、指が切れ、僕は8本指の少年となった。
ナタデはドコかとお探しのようですが、そりゃあナタデはココですとも!
ナタデがココではないドコかに存在しているとでも思っていたのですか?
この夏に飛ぶはずだった白球よ、君はバニラアイスではないはず!
この夏を溶けることなく越え、君はいつか必ず青空へ駆けるはず!
落ちこぼれの僕たちは、硝子瓶の外へこぼれ落ちてしまおうぜ。
美しいだけの硝子瓶の外へ、泥臭いトレッキングブーツを履いて。
メモ帳の全てのページにマミムと書き込むのが僕の使命。
この世界の全てのマミムメモを完成させるのが僕の使命。
クーヘン(284)
タイトル カテゴリ Point 日付
勃ちたいのです自由詩4*20/9/25 12:15
シャバ自由詩4*20/9/23 12:36
処方箋自由詩4*20/9/20 10:48
古着屋さん自由詩7*20/9/13 14:39
夏のトンネル自由詩3*20/9/7 22:53
プリンの一日自由詩5*20/8/30 0:59
茶柱自由詩3*20/8/23 12:32
ポシェット自由詩5*20/8/19 12:14
ラプタ自由詩8*20/8/14 12:21
そのひぐらし自由詩6*20/8/10 12:34
自由詩8*20/8/7 12:16
羽化自由詩2*20/8/4 12:47
焦げ自由詩2*20/8/1 12:46
歩兵自由詩4*20/7/28 12:01
サイダー自由詩16*20/7/23 12:02
自由詩4*20/7/20 12:05
自由詩3*20/7/17 12:37
青魚自由詩6*20/7/12 12:11
根菜自由詩3*20/7/8 12:34
手首自由詩1*20/7/6 12:51
僕故に自由詩3*20/7/4 14:48
一員自由詩3*20/6/30 12:12
寝癖自由詩1*20/6/21 12:16
酢の物自由詩0*20/6/19 12:37
晴れ間男自由詩6+*20/6/11 12:12
指切り自由詩11*20/6/8 12:06
ナタデ自由詩1*20/6/5 12:13
白球自由詩7*20/6/2 12:26
落ちこぼれ自由詩13*20/5/29 12:32
マミム自由詩3*20/5/25 12:32

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
0.59sec.