(神は無い)とつぶやくほどに 
目の前にあらわれる不思議はなぜだろう・・・? 

窓外の雲はよけて 
机上の日向はふくらみ 

天からそそぐまなざしが 
衣服にしみて 
僕の地肌をあた ....
この部屋の窓からは 
雨の降り始めた{ルビ靄=もや}の向こうに 
遥かな山々の緑があり 
眼下に一面の畑は広がり 
歩道には、レインコートを着た犬と 
飼い主が歩調を揃えて、歩いていった 
 ....
二つに割れた、器があった。 
組み合わせたら、一つになった。 

長い間、探し歩いてようやく出逢った
君と僕のように 
なぜか知らぬが 
私の目の前には 
日々ひとつひとつの穴が、ある。 

この両手に盛ったやわい土で 
一日、ひとつの穴をふさいで 
一歩ずつ、歩いてゆくならば 

ふりかえった背後に、 ....
無限に広がる宇宙の中で 
ぽつん、と浮かぶ青い{ルビ惑星=ほし}。 

星の数ほど今も織り成されている 
それぞれの一日、と 
それぞれの場面、にて 

人と人が目と目を 
あわせ、そ ....
やがて発車のベルは鳴り 
旅の列車がゆっくり走り出す時 
一つの運命が地鳴りをあげて 
見果てぬ明日へ、動き出す―― 
ある日、名指揮者は倒れ 
コンサートは(指揮者無し)で行われた 

ヴァイオリンもフルートもホルンも 
それぞれの奏者は皆 
無人の台の上にいる 
まぼろしの指揮者のうごきを見て 
それ ....
恩師のY先生は 
僕が被災地の石巻へ旅に出る時 
ポルトガル料理とポートワインに酔い 
ほてった頬で突っ立つ僕を 
店の出口まで見送り

その日の遠藤文学講座で
僕の詩集が何冊か売れたお ....
人形劇の舞台の上で 
おどけた河童の傍らに 
黒子がひっそり、ついていた 

日々の舞台で僕がマイクを手に 
愉快な話をする時、ふいに 
僕を僕にしてくれる 
黒子が背後ですぅと動く 
 ....
白いテーブルかけはだらりと垂れ下がり 
食卓に転がっている 
無数のりんごとオレンジ達が 
ぴたり、と止まっている。 

それぞれに好きな方を向き 
それぞれの位置におかれ 
それぞれが ....
友達が家に来るのを
待つ間――  
ティーポットから 
じゅじゅじゅと湯気の立ち昇る
深蒸し茶を入れていた 

何故か湯呑みはテーブルの上を
すーっと滑り、隣で待ってた
アイスコーヒー ....
机の上のオレンジ達は 
傾いた皿に身を寄せあい 
なんだかとても、楽しそう 

(日常が、ちょっとずらした視野になる 
 そんな軽みに、立ってみたい    )

いくつもの小さい太陽達は ....
夢の中で 
遠藤先生が人型の看板になって 
立っていた 

その看板の裏を覗くと 
順子夫人が金にひかるのべぼうの姿になって 
遠藤先生を後ろから支えていた 

夢から、覚めた。 
 ....
乗り換えの駅で、旅の電車を下りた。 

無人駅の小さいホームから 
遠くに重なる山々の 
西へ伸びる線路を往くか? 
東へ伸びる線路を往くか? 

(次の電車まで、あと1時間・・・) 
 ....
在りし日の婆ちゃんが 
出来たての熱いスープを出した後 
つぶやいた、あの日の一言。 

「ちょっとしたことで料理は、変わる」 

さて、あの頃よりも
少々大人になった僕は
今日の場面 ....
机上の聖書の上に置かれた 
ひとりの骸骨が 
遥かな明日の空を視て、笑ってる。 

骸骨は、恐いものと思っていたが 
全てがそうではないらしい 

どんな人もいつかきっと骨になり 
顔 ....
ふと手にした一枚の紙切れに 
優れた画家のデッサンが浮かぶように 
鏡は少女の清らかな 
一瞬の微笑を映すだろう 

ほのかな{ルビ灯=ともしび}のひかりの中に 
明け方の少女がひとり 
 ....
夫婦みたいに並んでいる 
ふたつの小島の周囲には 
ひかりの宝石を無数に散りばめた 
松島の海が穏やかに 
さらさら滑ってゆくのです 

先ほど赤い福浦橋の上から 
遠い空の下にいる嫁さ ....
松島の丸い湯ぶねに身を浮かべ 
きらりと笑う枯葉舟かな 

さやさやと幹に映る光と影は 
旅する我の{ルビ心鏡=しんきょう}となり 

歓びを{ルビ天=そら}いっぱいに広げてる 
白、白 ....
つらい出来事があった時 
詩は、きみのしょげた背中をそっと押すだろう  

現実の壁が立ちはだかる時 
詩は、きみの涙に濡れた瞳をまっすぐ前へ向けるだろう 

詩は、暗闇に射すひとすじの光 ....
昔々、虔十さんという風変わりな男は 
ぶなの木の葉がちらちら揺れて煌くほどに 
もう嬉しくてたまらなくなり 

一枚々々の葉のひかりが 
自らの体内に踊っているかのように 
いつのまに、ぶ ....
お玉杓子のような百舌達が 
雨上がりの空に 
ばらまかれては、舞い下りて 
すすき野原にすーっととまる 
静寂のひと時 

ばらばらだった者達は 
ひとつになり 

きらきら光るすす ....
お年寄りの入浴介助前に 
同僚のU君が着替えた後はいつも 
僕の下の引き出しが閉まらないまま 
脱いだ衣類が、もりあがっている 

引き出しを開けるたび 
骨が折れるが 
日頃の僕にも気 ....
今日という日を 
宇宙にひとりの自らでみたす迄 
私の体は幽霊です 

机の上に置かれたコップは 
水を入れるために、ある。 

窓から射す日に 
水面のひかる
あの瞬間を、待ちわび ....
桜のつぼみが口をひらいた3月27日は 
遠藤周作先生の誕生日で、奇遇にも   
結婚前の僕等が恋人になった日なので 
府中の遠藤先生のお墓参りに行った  
生後7ヶ月の周の、旅の始まり 

 ....
つまらぬことで口げんかをして 
下の階にいた嫁さん・子供を呼んできて 
布団の上に座らせて 
ごめん、ごめん、と育児にこった肩をゆっくり揉んだ 

布団の上にひとりあぐらをかいて腕を組む、午 ....
うつを抱えながら、日々がんばっている彼が 
汗だくで机をぴかぴかにした後 
休憩室で青い顔してのびていた 

あんまり一生懸命だったので 
(無理すんな)とは言えずにいたが 
ぐったりして ....
あぁ全てのひとは 
透きとほったぜんまいを背中に巻かれて 
晩夏に樹からぽてっと落ちる 
あの蝉に似ています 

(宇宙の銀河の果てから観れば 
 ひとの百年は一瞬です・・・) 

あ ....
床屋さんで伸びた髪を 
ぱさぱさ、切った 

エプロンの上に 
切り落とされる髪は 
いつのまにか 
白髪交じりになっていた 

青年と呼ばれた頃よりも 
白い髪が増えた分 
ここ ....
町の喧騒の外れで
川のほとりに佇み 
一台の車が、風を切って 
傍らの道を通り過ぎた 

ふと、耳にした水の音に 
下の方、下の方へと 
へりくだってゆく 
水のすがたを思う 

 ....
服部 剛(1977)
タイトル カテゴリ Point 日付
天のまなざし 自由詩212/7/6 23:36
時の流れ自由詩212/7/6 23:32
器 自由詩012/7/6 23:01
道 自由詩6*12/6/21 20:16
夢について 自由詩1*12/6/21 20:07
発車ベル 自由詩012/6/21 19:55
まぼろしの指揮者 自由詩712/6/10 0:00
旅の始まり 自由詩112/6/7 23:59
黒子自由詩212/6/7 23:55
果実の存在論ーセザンヌ展にてー 自由詩212/5/29 19:58
緑茶とコーヒー 自由詩112/5/29 19:55
太陽のうたーセザンヌ展にてー 自由詩512/5/28 19:38
夫婦の夢 自由詩112/5/28 19:16
道草の花 自由詩0+12/5/24 23:18
今日の一匙ー婆ちゃんの格言ー 自由詩5*12/5/23 19:33
あかるい骸骨ーセザンヌ展にてー  自由詩812/5/23 19:24
ルノアールの少女 自由詩7*12/5/19 22:27
めおと島ー松島にてー 自由詩112/5/19 22:13
松島・石巻小品集ーおくのほそ道をゆくー 自由詩212/4/27 23:59
言葉の寺 自由詩112/4/27 23:58
虔十さん 自由詩512/4/21 23:59
山の笑い 自由詩312/4/19 23:59
まなざし 自由詩512/4/19 23:48
ひとの器 自由詩412/4/19 23:38
おさなごの夢ー遠藤先生の墓前にてー 自由詩4*12/4/18 22:32
川になる 自由詩312/4/18 21:59
ぴかぴかの机 自由詩2*12/4/17 23:57
夢の惑星 自由詩812/4/12 23:53
1ピース 自由詩312/4/12 23:17
春のうた自由詩412/4/11 23:43

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「天のまなざし 」から「春のうた」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.29sec.