不器用な指先の
気の利かない言葉の
温もりを
零してばかりいた

あの日ホームで
あなたは両手をポケットにつっこんだまま
素っ気ないさよならを言った
私の瞳が迷わぬように

く ....
よこがお

見つめてる

暮れてゆく西の空

降りしきる窓の外

白熱電灯 照らし出す いつか


よこがお

聴いてる

並木揺らす風

遠ざかる終電

カース ....
話しをしようか

なんだっていいんだ

最近ハマってるゲームのこと
社会の先生のこまったジョークのこと
実は英語が赤点だったこと
リレーでこけたのはなんでか?
ちょっとがまんしてる姉の ....
 たとえばおまえがいっちょまえに
 人生の壁などにぶち当たったとき
 母親なんて無力なもので
 ああでもないこうでもないと気をもみながら
 弁当のおかずを一品増やしてやれるのが関の山
  ....
駅までの途中

紺のひだスカート
髪はキュッと右上でくくり
鞄はぺしゃんこ
ローファーに「ズルズル」言わせて
学校、なんてかったるい場所(とこ)へ
しょうがないけど行ってあげる途中
そ ....
頭を下げるワタシ
カッコわるいワタシ
けど本当のワタシは
そんなとこにいない

本当のワタシを
わたしはちゃっかり
たとえば満月の夜に置いてある
たとえば公園のブランコに
たとえば詩 ....
{引用=
無性に
ミルク飲みたいよね
あほらしいほど 真っ白な
照れちまうほど 優しい それを
大人やってると
無性に飲みたくなる よね

飲んだところで
あたしのなかの灰色は
や ....
{引用=

  あなたはやさしい
  ずぶ濡れの私を拾い上げ
  暖かく抱き締めてくれた

  私はあなたの拾い猫

  ポツリ落ちる溜息を掬うため
  一瞬の寂しさを紛らすため
 ....
【その1】

 基本は10として
 8 でよい場合
 5 で足りる場合
 いやいや
 0.1に砕く必要もあったりするが
 0.001だともはや諦めたがよさそう
 さらに
 ....
{引用=
家中の窓が閉ざされても
あなたの庭を暖めている

秋も冬も陽差しをあつめて
あなたの庭を暖めている

大きなお世話と言われようが
ずっとずっと
わたしはあなたの向日葵でいる ....
プシュッ
ごく

その駅に着くまでに
ちびちび
公私ともにお疲れ気味
庶務課A子さんには
ほろほろ苦さと
ほどよい甘さ

ホームに降りたら
左手は腰
気 ....
{引用=
傾いたトタン屋根
 乗り捨てた自転車
 伸び茂った雑草
 線路端
 フェンスの向こう
 風に揺れてる

「扉が閉まります」

 目を伏せる
 それは ....
愛なんて見返りのない商売さ
アタシはそういう母やってんのさ
バカヤロウって抱きしめて
ナミダなんかもみ消して
雨の日も嵐の日も弁当だけは欠かさないで
反抗期ってのと格闘しつづけ
 ....
隣の席だった
ろくに話したこともない
あんたがある日、いっちまった

いっちまった とオレは思った

バイク事故だと聞いた
いっちまうことなかった
せいぜい、骨折の数本でよかっただろ
 ....
あなたと結婚しました
やさしいあなたと結婚しました
スーツの似合わないあなたと
缶コーヒーが似合うあなたと
いっしょにハンバーガーをパクつける
あなたと結婚しました
あなたを産み育てた故郷 ....
母である前に 人です
女である前に 人です
陽子である前に 人です

母という 人です
女という 人です
恵子という 人です

母としての 幸福
女としての 幸福
直美としての 夢 ....
その話し

つい先日聞いたばかりの
昨今3度目のその話しに
実は相当狼狽えながら
初めての顔で聞いています

いつもと同じ

その点を残して
このテーブルも
それぞれの席 ....
{引用=

おかあさん、という詩は書いた
おかあさんがすっかり板に付いた頃、書いた

おとうさん、という詩は
まだまだ書けそうにない
聳え立つ壁を見上げながら
私はそう、思う
とても ....
{引用=
くり返す日々の中で 薄れてゆくものがある

流れゆく{ルビ時間=とき}の中で 根を張るものがある

切なさが泣くことを止め 愛しさの泉になるように

狂気が走るのを止め 懐かし ....
{引用=覚えておいて

もしもあなたが渇いた手で
誰かの明日を奪うなら
私はあなたをこの身に打ち付け
奈落の底へ逝くのだから

忘れないで

もしも誰かが狂った手で
あなたの明日を ....
{引用=
ねぇ、サザえさん
あなたの住む町の
空はいつも青空で
夜空には必ず星が瞬いて
ご近所さんは誰も親切で
悪人なんて大して悪人じゃなくて

ねぇ、サザえさん
人目を憚るようなわ ....
スイッチひとつ
切れない
切らない?
眠れない

孤独のひとつ
抱けない
抱かない?
寂しくて

パジャマのボタン
かけちがえたまま
ヨルの浅瀬で
上手に溺れて
詩は

怒り震えるくらいなら

哀しみ狂うくらいなら


夢も希望も

神も仏も

明日も笑顔も

砕け散るくらいなら


詩は

絵空事をほざいていたい
{引用=

 吹かした煙といっしょに、行っちゃうかと思いました
  
 薄くなりましたね、背中

 このビルが潤うたびに、課長さんは枯れてゆきますね

 決して幸せを期待できない結末に ....
よく晴れた秋のグラウンド

100メートルのトラック
120パーセントのきみ
初めて見たような
険しい眼
逞しい足元

私は
どこを向いていた

抱えきれない悩み
仕舞い損ねた ....
とりとめもなく

自分で仕掛けた目覚ましに
えらそうに起こされる朝を用意する

午前8時11分
牛詰め30分の車両を
愛してもいないのに飛び乗る

とりとめもなく

朝昼晩ごはん ....
   ユメに住めば 眠り浅く

   ユメを食べて 満たされず

   咲いたところで ユメのなか

   カリソメの陽を浴びて

   水面に映る蒼白い ヌケガラ
  行ってらっしゃい、気をつけて




  静かな朝の洗面所


  ちっぽけなスペースに


  無造作な歯ブラシ5本の安堵感




  本日も良好、我が家は ....
   きっとずっと昔から変わらないんだよね

   れんげ畑に座っていたあの頃から
   茜色の空は繰り返し
   私を迎えてくれていたんよね

   いつの間にか見なくなった
   忘 ....
   千の春をおまえに
   父と母の願いどおり
   千の春をもって生まれてきたのか

   よわむしのあなたに ひとつ
   じぶんかってなあなたに ひとつ
   おこりんぼうのあなた ....
yaka(84)
タイトル カテゴリ Point 日付
ほんとうのもの自由詩4*06/11/21 1:35
よこがお自由詩3*06/11/18 17:15
話しをしよう自由詩2*06/11/5 15:43
してやれることはなにもないので自由詩6*06/10/30 0:28
すれちがう自由詩3*06/9/16 8:45
ワタシ自由詩2*06/8/22 1:37
ミルク自由詩2*06/7/31 4:28
片想い自由詩3*06/7/30 3:02
人の会話自由詩5*06/7/30 2:25
向日葵自由詩1*06/7/19 1:15
ポイッ自由詩2*06/7/8 8:50
途中下車[group]自由詩5*06/6/24 23:27
アイナンテ自由詩5*06/6/18 20:27
クラスメイト自由詩1*06/5/22 3:00
けっこん未詩・独白10*06/3/29 0:27
未詩・独白4*06/3/26 11:22
その話し自由詩306/2/5 13:07
おとうさん、という詩自由詩3*06/1/15 1:46
淡 々自由詩4*06/1/8 16:03
愛する者へ自由詩2*06/1/2 11:59
ねぇ、サザえさん自由詩7*05/12/1 0:46
ヨルノオトナ自由詩2*05/11/27 19:10
詩は未詩・独白2*05/11/12 2:53
A課長との無言の会話自由詩4*05/11/9 22:48
よく晴れた秋のグラウンドに自由詩2*05/9/28 23:05
とりとめもなく自由詩2*05/9/23 2:30
ユメノハナ自由詩6*05/9/3 23:11
歯ブラシ自由詩3*05/8/26 7:11
れんげ自由詩4*05/8/18 1:44
千 春自由詩5*05/8/12 3:56

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「ほんとうのもの」から「千 春」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.48sec.