十一月十七日 金曜
天氣 曇
起床 六時〇分
就床 十時〇分

朝礼運動場
ラヂオ体操
習字は清書をしました
理科は消化器のお話で試驗に出るらしい
とてもくどく何度も仰言やつたか ....
金閣寺
















 ....
J・D・サリンジャーの事を考えると泣きそうになる
ホールデン・コールフィールドの事を考えると哭きそうになる

スティーブン・チョボスキーの事を
チャーリーの ....
十一月十日 金曜
天氣 晴
起床 五時〇分
就床 十時三七分

今朝は寢過ぎたので勉强が出来なかつた
今日は試驗の最後の日で数學と歴史であつた
晝食前講堂に集つてお話がありました
 ....
人生にはたまに眠れない夜も来る








そんな日は寝るのを止めにして











いっそ外に出てしま ....
十月三十一日 火曜
天氣 晴
起床 六時〇分
就床 十時三分

朝礼運動場
自校体操
校長先生の御訓話がありました
一・明日の興亞奉公日について行うべき事について
今日は教室當番 ....
底無しの暗闇に
呑まれても気にすんな

秒で深淵に
叩き込まれても(うちこまれても)気にすんな






人生にゃ昔から別に

救い ....
十月二十四日 火曜
天氣 曇
起床 六時〇分
就床 十時三七分

朝礼運動場
ラヂオ体操
校長先生より
一・マスゲ|ム大會の事について
課外に愛國行進曲の練習を致しました
夜は警戒 ....
あの日観たチキンジョ|ジのマ|シ|とヒロトは今も僕の指針だ







 ....
神経が



















 ....
悲しみがある



喜びがある日もある



寂しさがある


ちょっとファミ横のコメダまで出よう





だから苦しみは


 ....
十月十七日 火曜
天氣 雨
起床 六時五〇分
就床 十時三七分

今日は神嘗祭で學校はお休みである
お晝前中勉强してお晝から前の幸二さんや兄さん妹たちと事務所でピンポンをして遊びました ....
最も苦しいのは
頭の中に今あるイメージを
君に伝えきれずに今夜が終わる事だ

最も悲しいのは
次から次にインスピレーションが涌いてくるのに
それを書きとめる時間や余白がここに無い事 ....
十月八日 日曜
天氣 晴
起床 六時十七分
就床 十時〇分

今日は家の清潔で疊を出したりたゝいたりしてとても忙しかつた
お晝前にやうやく濟んだのでお晝から篠塚さんと妹・真ちやん等と田圃の ....
九月三十日 土曜
天氣 晴
起床 六時〇分
就床 九時十七分

英語の時ノ|トを調べられました
お晝休み木曜日に見てゐただかつたので今日見て戴きました
今日はお漬物です
「紅顔美談」を ....
この街を
左廻りに
踏破して
今も尚まだ
世界は続く
苦しいが泣く程ではない
楽しいが笑う程ではない
ムカつくが怒る程ではないし
嬉しいが赦す程ではない

結果僕は
虫みたいな無表情で日々を暮らしているが

それは当然 ....
九月十九日 火曜
天氣 晴
起床 五時三〇分
就床 九時五〇分

図畫は南瓜の繪を出しました
寢冷したので鼻がつまつて聲がふが〳〵として音樂の時とても困つた
放課後の運動は栗田さんと一 ....
豚一殿の今晩の





夕餉は何の花が咲く





















桜は生姜と甘口醤油

 ....
九月十二日 火曜
天氣 晴
起床 五時三〇分
就床 八時二七分

朝礼の時 校長先生奥田先生より「今日から薙刀を習ふ」事についてお話がありました
お晝休みに通學靴と運動靴とを持つて運 ....
八月三十日 水曜
天氣 晴
起床 六時〇分
就床 九時五三分

今日の作業は河原へ行つて石を取つて来る事でした
篠塚さんと一緒に行きました
今日は何時もより余計疲れたやうでした

 ....
俺は歯医者に通うぜ










俺はやまもと歯科に通うぜ












俺はいつもやまもと歯科に通うぜ

 ....
離婚して

ゴメンとかってゆわれても

別にええよて









 ....
八月二十一日 月曜
天氣 曇
起床 五時五分
就床 八時二〇分

朝 學校へ行つてお友達の後藤たか子さんと西田しげさんのお父さんが亡くなられたと聞いてびつくりしました
今日は作業は無しで ....
世界はコロナを憎んでいるけれど

僕らはコロナウイルスの野郎には

実は大いなる借りがあって











これは大きな声じゃ言えな ....
八月十四日 月曜
天氣 晴
起床 六時三分
就床 十時二七分

朝早く起きて又丸へ行つた
お供物を持つて叔母さんと昌子ちやんのお墓へお參りした
昌子ちやんは此の間 はやてで死んだ四 ....
あの









夏休みの図書館で






 ....
「通俗水滸伝豪傑百八人之壱人」に

「短冥次郎阮小吾」という

絵があるんだ ....
黒く青く
常に雨に濡れたように光っていて
羽毛のように頼り無く
且つ世界を
力業で一息に引きずり込み
呑み込む程に暗く重い


そんなお前の闇をお前は
 ....
八月六日 日曜
天氣 雨
起床 六時〇分
就床 十時二七分

四時頃目をさましたら雨が降つてゐたのでラヂオ体操は無いだろうと思つて寢たら朝起きるのがとてもおそくなつた
二階の大掃除を ....
TAT(798)
タイトル カテゴリ Point 日付
女學生日記 四十散文(批評 ...022/11/26 22:30
Blood and Gold短歌022/11/25 11:16
黄葉か紅葉か自由詩2*22/11/20 14:56
女學生日記 三十九散文(批評 ...022/11/18 17:44
騎士団長殺し自由詩1*22/11/13 16:39
女學生日記 三十八散文(批評 ...022/11/12 8:05
角の星乃珈琲の自由詩1*22/11/7 11:28
女學生日記 三十七散文(批評 ...022/11/2 19:17
無題短歌022/10/31 21:41
ティーンエイジャーのための習作(或いは覚え書き。価値の無い走 ...短歌1*22/10/29 17:27
一人称が劇的に変わる革新的な現代詩自由詩1*22/10/24 14:03
女學生日記 三十六散文(批評 ...122/10/22 21:41
出力の追い付いていないコンピューター自由詩122/10/17 21:41
女學生日記 三十五散文(批評 ...022/10/16 18:39
女學生日記 三十四散文(批評 ...022/10/11 7:51
禁忌短歌122/10/8 18:47
プラスチックの笛の音自由詩122/10/6 21:23
女學生日記 三十三散文(批評 ...022/10/1 8:11
Bush meat Under ground自由詩022/9/26 1:34
女學生日記 三十二散文(批評 ...022/9/20 20:07
女學生日記 三十一散文(批評 ...022/9/13 18:07
俺と歯医者のブルース自由詩122/9/12 12:41
片親讃歌短歌1*22/9/3 23:56
女學生日記 三十散文(批評 ...022/8/30 7:55
分厚い遮光カーテンの/偶然の隙間から/射し込んできた光は自由詩022/8/28 3:20
女學生日記 二十九散文(批評 ...022/8/21 15:40
読書感想文自由詩1*22/8/17 21:47
天野屋利兵衛は男でござる自由詩1*22/8/16 17:20
オリジン弁当自由詩022/8/15 16:35
女學生日記 二十八散文(批評 ...022/8/14 0:45

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 
0.49sec.