思い出は命を熔かし手作りの花嫁衣装虫食いており

断片に身体を残す死に方をすると必ず鬼になれるよ

諍いの理由を述べよ(1)領土(2)種の保存(3)好きだから

戦いを始めるための罠 ....
かつて{ルビ平城=ひらしろ}なりしものあり{ルビ国寶=こくほう}の碑銘を残し倒壊しけり

ちかごろは酔いて吐く日の多かるになお飲みたしと書に記し置く

ないものをあるというのがくるしくてわたし ....
{引用=窓の外、乾いた風がぱらぱらとヤマモモの葉を鳴らす。猫がきりりと座りなおす。首を長く伸ばして何かを凝視している。}不可能な猫が財布を手に持って医者行ってくると窓閉めて出づ。
不可能な猫が小さ ....
彼岸から呼び続けてる猫がいる、いいや、あの子はいま膝にいる
{引用= 気温二九度。湿度六〇%。さあこれからだ、というときに、抑えつけるものがまたやってきた。いいかげんにしてくれいったい誰なんだ ....
都市部では人の体を流れゆく水の違いが見て良くわかる

黒い。黒い。水木の樹液たっぷりと飲んで太ったアブラムシども

死であった 指先を病んだ結果の 花瓶の脇の携帯電話

平和に 光の当たら ....
白い水泡立つ水がゆるやかにさくらはなびら運び去ります

眼底はきれいだそうだ わらわべもねこも目玉を狙って来るが

桜葉のトンネル抜けて(抜けないで)(ここにいたいの)孫見せに行く

のど ....
看板のペンキが文字の型どおり剥げているから読める。牛乳

げに量りがたきは寿命・生命力・必要とされる度合い(書籍の)

芝桜模様に透ける衝立の向こうに顧客管理簿が咲く

寝る前に読ん ....
生命に憑かれているというべけれ 湿原にずぶずぶと、足首

人食う、人の、目の、白、光、血を流し、たるは、食う顔、食え、サトゥルヌス

青空に白く小さい染み一つ仕方がないの有明の月

切 ....
音のない青空である 端っこをびりびり破り裂く哨戒機

白い、錆、赤い、石灰、見てしまう。古い高架は堅い、おそらく

海ゆかば。冬、清潔に風化され。臭い残さず水漬く屍よ。

◇基礎体温を付け ....
鉄塔が一・二・三・四・五・六・七冬の畑を遠巻きに走る

壁を見るたびに震える目の中の双子の振り子。時計、こわれた

毎日の電話 かならず接続後二分五秒で圏外になる

うつむいて、馬なでて、 ....
夜明け前から降る雨に冷やされて知らず固化するわたしであるよ

いえぬちにいるとき雨は沁みてくる。知ってる、外に出ればいいのだ

見上げれば雨がざーざー降っている 染みひとつないしろうい天井
 ....
すれ違うバスに手挙げる運転手その手袋に染み付いた夏

図鑑開けばマツヨイグサの花の上カミキリムシが交尾したまま

くねくねとうるさい耳に触れながらオレンジ色の雲を見ていた

浜道の路肩にタ ....
沼谷香澄(12)
タイトル カテゴリ Point 日付
文書グループ
個人誌「Tongue」収録作文書グループ17/11/25
投稿作品
貝塚 より[group]短歌1+17/11/25 21:23
道の終わり より[group]短歌1+*17/11/23 18:43
夢(ニ) 部分[group]短歌2+*17/11/16 19:05
夢(一) 全文[group]短歌3+*17/11/15 22:46
流動体 より[group]短歌2*17/11/13 21:44
境界 より[group]短歌4*17/11/11 23:05
塚 より[group]短歌4*17/11/6 21:47
蟲動 より[group]短歌117/11/5 19:37
砂 より[group]短歌117/11/4 20:59
炎上 より[group]短歌417/11/3 21:32
崖 より[group]短歌317/10/12 22:39
藪 より[group]短歌117/10/11 19:39

Home
ダウンロード
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.16sec.