神は、にんじんを創り
にんげんは きんぴらを造る
そう かみさんとして、あまじょっぱく 造るはずだった
ところが にんじんの花が咲いてしまった
うっかり収穫時期を のがしたのだね  ....
演劇とは論理のようなものだと思う

なぜなら演劇とは

見えないものを実在させる手段だからだ

見えないものを実在させる手段を論理という

だから論理とは

見えないものを受け入れてしまうような私たち ....
ぼくら人間のこの不完全さはなんだろう

この不完全さを有したロボットこそが

完全なるロボットと呼ばれるという皮肉


ロボットは人がつくったのだ

神がつくった訳ではないのだ


ぼくら人間のこの不 ....
この子は人が造ったロボットだから

この子にはたくさん人がついている

聖霊とはたぶんつまり一年中無休の

メンテナンスサービス屋さんなのだ


ぼくはキリスト教徒だから

たくさん聖霊がついている
 ....
カーテン越しみたいに輝いてる

大声でワンギリの電話した

ひかり色あなたの下着が鏡みたい

声が聞きたいなんて多分嘘

爆発するアムールの成れの果て


目隠ししても

割れて破片になっても

欲し ....
ひとりしだれ柳のした

足をぶらぶら濃い珈琲

近づいてきたら

口あけるしかないじゃない


屋上で手すりにつかまって

楽しい歌を歌ったら

町は石で出来すぎていて

自転車挟んでふたり歩いていた ....
どうだい

アキレス腱つながったか

なに驚いてんだい

ひとりよりたくさんで

おどろうよ


レディガガか

白鳥の湖か

お尻フリフリ

ひとを造りし神様、神様

こんなにイルカも

あんなにク ....
今日の雄物川河口は、
ふだん海ではないところも海になっていて、
早々に退散してきました。

海はとても情熱的な生き物だ。

昨日は愛していると言っていたのに、
今日は殺してやると言っている。
明日に
なれば
“換わる”
から
観客は三万五六千はいるだろう

ぼくはこの球場を半分に切っていた

こんなにも沢山のひとひとひとが

あの震災で亡くなったのだ

追いきれない

ばらばらばらばら

すごいな、災害って、

すごいな、 ....
オすシりアいゲットバックオーライかわいいシマリスさんのもぐもぐ食べてふくらむ頬袋がま口お財布がなんかちょうだいとおねだりする黒い瞳はわたしの頬をゆるゆるオシアゲ、オ、シアゲは2355猫入りちゅうす .... 【 流石の沢蟹】


沢蟹は、歩く
沢を 歩く
さわさわとした沢を歩く

沢蟹も 花見をする
タンポポの花が 咲いている
その花弁を
器用に 切り取り
 ....
ピンク色の絨毯がひかれていたので
汚してしまわないように慎重に歩いた

気まぐれな家主が
明日にでも片付けてしまうから
あの日 手を繋いで春を泳いだ私たちは
いつまでも約束すら出来ないくせに
ただ温泉に浮かんだはっさくを投げ合い
子どもで居たいと我儘を云った

妻になる未来も
母になる未来も
想像できないほど遠いのに
 ....
渋滞しているよ

ひしめき合う卵のように

仄かに血が通う色をして

雨乞いをしているよ

さらさら流れるように

北風を誘って

散り散りになれるように

過去に蓄積 ....
雪は白い

けれどこいつのほうが白い

ひとに言いたくなるくらい白い

春の街角にこいつが現れると

指さしたくなるくらい白い

白い花が咲くまえ

こいつがどんなだったかは

たぶん誰も知らない

 ....
匂いもない

水色でも灰色でもピンク色でもない

うすっぺらな花びらを

わたしはなぜ好むのだろう

日本人の殺人事件は

その半分が親族殺人だという

そういう遺伝子とくっついて

匂いもない

水 ....
チューリップが合掌していた

ふたつのものが合わさろうとするさま

入我我入とは内とか外とかのことではなくて

こういうさまを言うのだろう


つぼみとはなんであろう

花咲く歓びとは

花とは生命と ....
胸を、はる




待ちに待った春に、咲くのは
リニューアルではなく 
ニュー リアル

満身に光を受け 白妙沙織
光源氏は 桜襲(さくらがさね)を纏ったという
透 ....
どんな悪事も輪郭はひかりだ

どんな不幸も輪郭はひかりだ

ピアノ

ソプラノ

バイオリン

合唱

どんな悪事も輪郭はひかりだ

どんな不幸も輪郭はひかりだ
ヒールの高さは女性の幸せの高さだ とは
どの情報番組で聞いたんだったか

久々に女の子らしい靴を買ったから
嬉しくなって履いてみたけれど
私はこれで一日上手に歩けるんだろうかと不安になった

私の幸せ ....
新月 


  新月の夜 一つの石を 拾い上げる 
  波打ち際にいる者は他に誰もいない
  静かに拾い上げると遠い星の
  みたことのない惑星の記憶が めくるめく
  展開し ....
 【 ちきゅー 】



いま
きみの くちびるが
ちきゅー って 言ったよね
そのとき
うちゅう の どこかで
だれかが
地球にむけて かぷかぷ しゃべっていたよ ....
しはわたくししかかたれない 黒黒黒


忘れたい


悲しい

黒黒黒

あまつ
さえ
そんなことも知らない

ということがたくさんある

どうやってすり抜けてきたのか

触れないまま

あるとき

そんなことも知らない

と言われる

あるいは思われる
 ....
春ショール羽根を纏ひてゐる心地 嫌われても好い。
当然自由に
あるがままで
居るべきだ。
えば・るーじゅ、こころにことばがなくなってしをかくいみもみつけられない 火影に
戯れる魂、
帆影に集え
携帯写真+詩
タイトル 投稿者 Point 日付
【仏】南無きんぴら菩薩[group]るるりら7*15/5/29 20:36
演劇と論理吉岡ペペロ415/5/24 17:36
完全なるロボット215/5/24 15:20
聖霊115/5/24 14:57
ひかり色水いろの写真215/5/22 22:45
川のほとり115/5/22 22:28
神様115/5/22 22:18
小川 葉615/5/7 23:39
Let it goリン015/5/4 6:43
すごいな吉岡ペペロ215/4/18 8:03
オシアゲ阿ト理恵10*15/4/15 0:35
流石の沢蟹るるりら22*15/4/13 17:25
なんの扉を開けずとも瑠音115/4/13 3:36
ごっこ遊び215/4/13 3:34
春の小川でこちゃん815/4/4 21:33
白い花が咲くまえ吉岡ペペロ415/3/29 22:23
花びら215/3/29 20:41
チューリップ115/3/29 19:44
【蘇】胸を、はる[group]るるりら715/3/26 13:36
輪郭吉岡ペペロ215/3/18 19:14
ハイヒール ホリディ瑠音115/3/15 15:24
つきのない日にるるりら10*15/3/12 15:03
(*^o^)/\(^-^*)は、だあれ6*15/3/12 14:09
La Merカポ315/3/3 5:23
烏乎リン1*15/3/1 23:48
黄昏から禍時そして闇でこちゃん815/3/1 0:10
春ショールchihar...5+*15/2/24 14:22
応化リン2*15/2/21 9:22
独白(短歌)カポ315/2/20 5:52
逢魔が時リン015/2/16 21:38

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【携帯写真+詩】携帯メールでの投稿
0.38sec.