君の住む街のパチ屋の喧騒もあかりもきっとうそじゃなかった


木工用ボンドが澄んでいくようなわたあめ越しの世界のあけかた


ゴークネンゴノジンルー?がタノスミ??とツテテテクレルミブリテ ....
四季のなか また四季のある 不思議さに 
 めぐりてゆくは 一艘の舟

鶯に 浮かれ心を 誘われて
 散歩がてらの 春は食卓

春なぞは 素知らぬ素振りの その海を
 光で揺らし 照らす ....
わたしたち、枯らした植物埋めちゃって、そこを幕府と呼んでいました。

ドアノブを直せると言う同僚に秘密をちらして直してもらう

とわいらい 眠るあなたが重いのはわたしを忘れたあなたの重さ

 ....
最強の履歴書を書くぴかぴかの「飲まない打たない買わない」私 なかなかに人とあらずはビオロンになりにてしかも音に染みなむ


なかなかに人とあらずは詞花集になりにてしかも詩に染みなむ


なかなかに人とあらずは雑草になりにてしかも風に染みなむ

 ....
ずいぶんと良くなってきた肋骨の骨折り損と笑えるほどに


あたらしいメール友達さびしそう返信探すわたしもさびしい


会いたいとも思ってるけどと口ごもるメールが届く 真実の声


か ....
ブランコに乗れば子供に戻れそう何歳頃に戻ろうかなぁ

歌を聴き歌の世界を映像化口ずさむほどリアル感増す

押し寄せてくる幸せの良い匂い満たされている心は愛色

詩を書いた命吹き込むようにし ....
なめると息がすこし透き通るのが夏なら冬はなんなのだろう。きみの肌、しろくて少し怖かった。わたしたちのセックスは不定形、終わることをわかっていながら望むことは、わかってて驚くドッキリみたい。ねえ起きて。 .... 雨の音耳に残って消えなくて梅雨を表す天気図を見る

六月の湿気塗れの空間に精神的に何だか重い

失恋後に見る大雨は物悲しい梅雨明け空前を向かせる

夏の日々日陰を見つけ一休み出逢いと別れ繰 ....
死をみつめ明日など思えない夜のたったのひとりに寄り添うバッハ


誰よりも可哀想だと神さまがうそで云うのを待ってはいない
○ ともがらもあたをもかててもろともにくゑはららかすなゐとかむとけ あたたかさもつめたさも失って星空が瞳を閉じる


流星になった君という言葉からはらはらと鱗粉が落ちる


太陽が瞬いて人知れず右手が夜を掴む


手紙が飛び交う、空みたいなイ ....
今はまださようなれない何故かって春が来るから君が来るから


ひかりのなかで神さまは消えた なにもかも消えて春になった


少年は待っている日々を壊すような救いの明日を君との出会いを
大願の成就を誓う
日々挑戦 
自他の幸せ 
苦楽を共に
廃線後そのままそこにある駅舎周りに紫陽花咲いて華やか

向日葵の影が道路に映り込む情熱的な勢いが見える

懐かしいフォークソングを歌う人声が独特で新しく聴こえる

晴れた空梅雨空になり薄暗 ....
ベランダで詩を黙々と読んでいる彼女のこころに青く咲く花


「愛だけが空から降ってくるんだよ」彼女は月に住んでいると言う
まっしろな飛行機飛んで雲浮かぶそんな青空みたいな日々だ


真っ黒な夜にいのちを輝かせ浮かんでいたんだ白い白い月
タイムマシンについて瞳を輝かせ話せるような大人でありたい


元旦にストップウォッチを押しましたそれぞれの時にあだ名をつけて


たくさんの涙が流れた夜が明け四百七年目の朝が来る
○ {ルビ嚴君=みまし}亡き{ルビ晦日=みそか}そ暮るゝ{ルビ新=あらた}しき年來たるとも{ルビ嚴君=みまし}無き年 酒臭いヨッパライ雌ともだちがいないのか俺にもたれて眠る


手放さず握りしめてるコーンスープ吐瀉物の香に似て覗き込む


ついさっき一緒に飲んでいたような雑なタメ口右から左

 ....
ほしいものなんにもないの 軽いなと言われて笑ってしまったりする

大勢の中で二足で立っていてえらいわたしは。 ここどこですか。

なんにもいらないそれは苦しいおもっているだけでみずのな ....
現れた虫を新聞で退治する言葉は一瞬暴力になる 陽を浴びて体元気になるばかり四つ葉のクローバー見つめて幸せ

息子たち成長早く背も伸びる自由を浴びてすくすく育つ

梅雨になり夏の足音遠ざかる雨が掻き消すように遠ざかる

探してもでんでん ....
日没を{ルビ悟=し}る港町の夕市とうその記憶のなかの小母さん


真夜にも止むことのない港町夕焼け市場の冬の日の雪


完璧に息絶えてないお魚のしょっぱいなみだも瓶詰として


暮れ ....
過去現在未来の命 一念に
永遠(とわ)の生命(いのち)は此処に現る
深夜から朝までの間(ま)のスラムにて
わが詠みし詩よ陽に溶けて翔べ

季語もなく掛けことばなく本歌なく
ただくっきりと明け烏啼く

明け方の路面電車を芋虫と
見なすか烏 すれすれに飛ぶ ....
希望とか夢とか未来に手を振って冬の茜にいま身投げする


絶望の終着駅の冬の夜の銀河のほとりをさらに素足で


平熱をほしがる骨と取り引きし身元不明の駒を進める


靴を履く理由をつ ....
眠らずに見る夢だけが克明に空の原理へ移調していく

手があるし指のこととか気になります背骨が一本しかないことも

音だって光だって温度だってただの薄められた痛みだから


一面の真っ白な ....
「夜」

ひとりだけひとりぶんだけ息を吸いiPodの中、沈んでく空

飛んでいた頃の記憶は戻らない空の青さに手は届かない

なんかいいことだらけじゃない?歳は取るばかりで空は暗くなるばかり ....
冬だしさ散歩のついでに駅前の新しいとこでワクチンでもどう?

僕は僕と言って映ったその顔は僕によく似て骨なしでした

これが僕と言って出されたその骨を夜中の二時にご飯と食べる


腕を切 ....
短歌
タイトル 投稿者 Point 日付
ザマジックさわ田マヨネ017/1/20 21:25
短歌 グロタン0+17/1/20 20:48
それからは賢くしずかに暮らした初谷むい117/1/20 12:20
「ある意味」一首 2017.01.19蒼風薫217/1/19 5:42
「片道切符」三首 2017.01.192*17/1/19 4:57
「人間だもの」五首 2017.01.17 (即興)5*17/1/17 15:36
奇跡夏川ゆう317/1/17 5:31
にゃーんぱら初谷むい717/1/11 1:48
出逢いと別れ夏川ゆう117/1/10 11:21
「未明」二首 2017.01.09蒼風薫317/1/9 2:13
即興一首孤蓬017/1/7 16:03
月には言葉がないあっくん4*17/1/5 11:41
さようなれない3*17/1/4 12:28
誓願楽麦017/1/3 11:23
廃線夏川ゆう217/1/3 5:29
彼女あっくん2*17/1/2 9:24
白い日々1*17/1/1 21:43
タイムマシン2*17/1/1 17:21
奉先考孤蓬016/12/31 19:56
帰路の混線深水遊脚3*16/12/30 23:23
初谷むい516/12/29 16:43
短歌ですあっくん016/12/28 23:11
元気夏川ゆう116/12/27 14:59
「港町夕焼け市場」 一〇首 2016.12.21, 27[group]蒼風薫616/12/27 12:57
一念楽麦016/12/27 10:06
ポエトリー・スラムの翌朝蛾兆ボルカ3+*16/12/22 20:32
かおるのおと 2016.12.20(~21) 五首蒼風薫316/12/20 19:41
架空の国由比良 倖216/12/20 17:50
永遠の青116/12/20 17:48
はんつきぶんのうたをうたおう216/12/20 17:46

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【短歌】このカテゴリでは31音律「5.7.5.7.7」を基本とした短歌と、その音律を崩した自由律短歌作品を受け付けます。短い自由詩は自由詩カテゴリへ。短歌批評は散文のカテゴリへ
0.22sec.