なのに
たゆたうように月は光りつづけ
あきもせず夜空を見上げる
あなたの横顔が冷たい

聴こえるはずのない
化鳥の鳴きごえがした

なにかを奪い去る甲高い意志
その悲しみを ....
蒼く透き通った
ワインボトルは空で
すこし前まで
愛しあっていた
気持ちが血の色に染まって
ドクンドクンと
恥ずかしいほど大きな音が
たっぷり入れられた液体のなかで
聴こえて ....
あゝ、なんという草原

弱いものを食べてはいけないからは

新しい雨が詩のように降るよ

ゆるやかに吹く風は

甘いジャムの香りがするよ

そしてあなたは死んだの ....
歩いてきた道を引っ張ったら一本のロープ
あなたの道はからまって寒い夜の吐息
手を離せばロープはひらひらと花びらに変わり
あなたは残された花芯
それから間もなく雪が降り積もるから
真っ白な世界 ....
霧と緑が
空に到くほど昇り
その反対側は
水平線を覆い尽くしてのびている


夜と鴉は無言で争い
少しずつ異なる記憶が
水たまりの底に並ぶ
小さな波に歪みなが ....
8憶光年離れた所から
昼寝中の僕の所へ
死んだ母親がやってきた

わざわざ
「もう、あなたのことを守れない。」

言いに来たのだ
天井に映る暗い顔

約束が違うな
思いつつ
 ....
あなたはもう
帰る場所を決めて

私が乗り込む事の
できない飛行機の
偉い座席に座り

遠い国から国へと
渡って

記憶の中に
新しい砂を撒いて

私の姿を消して
いくでし ....
曇天の下
風が吹き続けて
いる
海を渡り山を渡り
街に届き
今 君の乳房を
掠めて
いく

白い肌 白い街並み

すべて すべてが
スキトオル
死神が

美しい乙女に恋をした


死が近づいている乙女を

冥府に導こうと来たのだが


そのあまりの美しさに

恋に落ちたのだ


ところが 乙女はまだ自分に

 ....
懐かしい言葉で会話するには
心の壁に反響させながら
自分の声を拾うための装置

駆け出しのリズムを叩くスティック
誰かが割り込む思い出を捨てて

人というものから離れてる
生き方をして ....
西で三角形がもえつきると
靴ひもはぐすぐずほつれ
朝は 鳥たちの夢になる

はばたく
さいしょの一羽が泣いていて
さびしさは空をあかくした

群れは ゆっくり
ゆっくりこま切 ....
何もかもが上手くいかず

苛立ちを後ろに乗せて

拾ったきっぷで都会に出る

夜23時の知らない街


ホテルはどこも満室で

行く場所なんて何処にもない

カラオケで二時間 ....
双方向に惹き逢う心はとても愛しく
逆方向に背き合う人はとても冷たい

*

滑車も車輪も歯車も
進むための物体

動かすのが人間
皮を被っただけでは
上手く操縦できない

誰に ....
磨いても磨いても光らない

いったい
いつ輝いていたのか

目にいたいほど
肌をえぐるように
光をうばうほど
輝いていたのかしら

ああ
さようなら

思いだせないので
も ....
プリンが入っていた
透明なプラ容器は
貯金箱代わりに使っている
もう何年使ってるか
もはやバーコードもない
数年前には
輪ゴムが10ほど
結わいて巻いていたのに
今では自然に溶け合 ....
洗濯が終わるのを待つ間
どうしても生きていたかった
きらきらしたものが好きで
母の装飾品をやたら見ていた頃

世界の終わりは何度も迎えている
その度に人は死んでいく
生まれるより早く死ん ....
ある日、ぼくは夜の町へと逃げだした。
夜の静けさのなかで、色々なことを考えた。生きる意味とか。このしんどさはどうすればなくなるのかとか。
あの頃のぼくは、とてもしんどかった。とてもつらかった。この ....
サウジの記者が
江戸川乱歩の主人公みたいに
されちゃったらしいが
私は何とも思わない
いい加減なことを垂れ流している
日本のマスコミ連中は思い知ればいい
反撃の機会を伺っているのは
サウ ....
恥知らずなところが嫌い
もの凄く頭悪くて
勉強も仕事も
何やらせてもダメで
低収入で
社会の底辺を這いつくばってるくせに
まだ望みがあると思っているところが嫌い
生きて行く上で
やらな ....
やみくもに色を塗り続けて真っ黒になるみたいに
いろんな感情をぶつけて心を塗り潰したい

ばっさり切った髪は、忘れたからでも吹っ切れたからでもない


落とした視線の先

長い髪のシルエ ....
溶鉱炉で白熱する
脳髄
掬い上げれば
途端に
灰色の唄が

始まる
始める

歯で噛む
歯応えの無い
灼熱
一オンスの光る肉

歯も溶けているし
口も無いから
大脳皮 ....
雲の切れ間から
青が光って覗いている
俺はくたびれ脱力して
道端に腰掛けている
わけの分からない宣伝カーが
ゆっくりと通り過ぎて行く
ひんやりと動かない空気
傾きかけた太陽
何も変わら ....
秋空の下
漱石の「こころ」を読む
「坊っちゃん」でもなく
「三四郎」でもなく
「明暗」でもなく
「こころ」を読む
靴下の日焼け跡が残る足
それを隠すために選ぶ長さが
メスシリンダーの目盛りを上げて
短い夏に終わりを告げるよ

新しい靴下が止まる場所に
黒いサテンのリボンが似合うから
翼を広げてどこへ ....
無題



    雲がひとのように
    長距離バスとならんで
    森のなかへ姿を消す

    時間は
    ぼくらがもってるいじょうに
    感情をもってる

 ....
切り落とした無数の黒髪が
浴室の床に散らばっている

鼓膜の真横から聞こえてくる
二つの刃物が擦れ合う音

例えるならば泡
閉ざされた水槽の底から
少しずつ浮かび上がってくる
泡 泡 ....
シューベルトが作曲するとき


意識して

あるいは無意識で


ほとんど 

といってよいほど

歌曲の世界へと向かう


ストリングクァルテットが ピアノクインテット ....
たまには
こっそり
味噌ラーメン
一人
かくれて
味噌ラーメン
仕事の合間に
移動の途中に
立ち寄り
すする

たのむのは
いつも
同じメニューのはずなのに
メニューブック ....
青い秋空を背負って大きな芋虫が私の頭上を走り去った
半分だけ残った発泡酒を飲み干せばB級映画のような
夢を見ることが出来る
それで満足
いつの日か、私は私の墓標を見ながら
誰かが供えてくれた ....
人なんて、いないんだ
ただ、海があるだけ

終着駅も、ないんだ
ずっと、探しているだけなんだ

君が泣こうと泣くまいと、
僕はあまり悲しくなくて、

そっと『悲しみの天使』 ....
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
月の舟秋葉竹018/10/19 22:23
蒼い瓶018/10/19 22:19
な、なんという雨018/10/19 22:18
新しい道腰国改修018/10/19 21:09
ふたつの色木立 悟218/10/19 19:40
約束いきり018/10/19 16:52
異国ミナト 螢018/10/19 15:13
風の行方ひだかたけし118/10/19 14:04
死と乙女---シューベルトを追悼してst118/10/19 13:45
褐色の空ミナト 螢118/10/19 10:17
はるな118/10/19 6:23
夜の都会渡邉 由于2*18/10/19 6:15
桜シフォン藤鈴呼018/10/19 1:55
_印あかり218/10/18 23:06
プラ容器宗像現象218/10/18 21:48
毎日ネン1*18/10/18 21:44
水宮うみ2*18/10/18 20:59
ジャーナリスト花形新次018/10/18 20:38
自称詩人が嫌い018/10/18 20:17
冬の灯は、螺旋を描いて十一月の失敗...118/10/18 20:04
メルティーブレインいきり418/10/18 16:01
道草ひだかたけし718/10/18 14:56
読書ホカチャン118/10/18 10:51
15センチメンタルミナト 螢118/10/18 10:17
小説「裏庭文庫」のための詩中田満帆118/10/18 8:51
シオマネキ1486 1...618/10/18 7:26
すべては歌曲から・シューベルトst118/10/18 6:25
道草北村 守通018/10/18 1:46
B級腰国改修018/10/17 23:24
奴に涙は、いらないさ秋葉竹318/10/17 23:22

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.41sec.