切ない刹那が押し寄せて来る
夕闇の蒼が蔓延する
冷えた空気が始める
黄昏の{ルビ時刻=とき}
鳳凰は虹色の尾を誇らしげに振りかざし
{ルビ人間=ひと}の体温を上げる
蝙蝠の雄叫びが遠くで響 ....
蝸牛の中身が暴露される
申し分のない肉体
ピンク色の肌身はうねりをもっている
海みたいなうねり
ずっと昔みんな海だった
その証拠に水分は我々と敵対しない
どんな乱射にも耐えうる水分
水を ....
退職の翌日は、僕が司会の朗読会
――三十年前の今日、事故にあいました
高次脳機能い障がいの詩友は新妻の弾く
ピアノを背に吠える ぱんくすぴりっつ!  
古巣の職場は花壇となり、これから
日々の仲間とお年寄りの間に
花々は開いてゆくだろう
明日から僕は、新たな日々に入ってゆく  




  
老夫婦には 新しい話題はない。靴下の片方がみあたらないときには 口を開く。黙って食べ 寝る前に 手を軽く握りあう。 職場で最後のあいさつをした後
ひとり入った蕎麦屋にて、熱燗を啜りつつ
様々な天気であった…十七年を味わう
送別の花束を、傍らに置いて  
自分の国を侵略した国で
強制労働させられるって事は
祖国を壊した国の ために
尽くして太らせ絶望させられ
未来を失わさせられるって事だ

敵の兵士に従軍 させられ
毎日毎日犯されるっ ....
実話だ。

昨日、大通り沿いのカフェと
見紛う建屋の美容室の前で
信号待ちをしていた

5月23日晴天の下
店のガラス壁が屏風のように
開け放たれており
二人のスタッフに挟まれ客がい ....
ある日ふとおかあさんとおとうさんに
問わずにはいられなかった

「戦争ってそんなに悪いことなの?」
「当たり前のことも分からないなんて、そんな教育をした覚えはありません!」
「僕たちが平和の ....
いくつもの門を通り
いくつもの問を越え
理解と誤解をなだらかに重ねては
綴り合わせる 欲望の道すがら
まるで古い雑誌の切り抜きや色紙を
ぺらぺら捲るような 陽気な悲しみ
目深に被り直して
 ....
今時共産党の悪口言っても
何の意味もないから
誰も言わないけれど
敢えて言ったら
逆に新しいんじゃないかと思った
一周回ってってやつだ

身近にいる共産党員を捕まえて
拷問して耐えきれ ....
空腹のわたしに
パンを焼いてやるよ
というひと
でもあんまりやさしいので
ついていくことができない
さむいくらい空腹で
びんの蓋もあけられないというのに

波がひくみたいな当然 ....
身構えて
てめえに何の関係があるのかも分からない
従軍慰安婦に
異常なシンパシーを寄せるよりも
身近にいるお母ちゃんの幸せを考えろ
いや、お母ちゃんじゃなくても良い
てめえの未来を案じてろ ....
わたしたちは同じ筈なのに遅れ
わたしたちは同じハズなのにずれる

x軸上の点にいるわたしと
y軸上を歩くわたしは
永遠に交わることがなかった
同じ概念のはずなのに

この時間を咀嚼する ....
金木犀の香りに
他者の存在は無く
振向き様
すでに壊滅的
強く潔く美しい儘
ストンと落ちて
コロコロと
転がって視ている
背後の闇が
追い立て
対象を見つけ
鞘内で増悪
触れて ....
鉛の肉と火を噴く眼
血尿は止まらない

けれどドクター
お帰りください

臨床医学のモルモットを見る眼
私は貴方達を信じていない

この狭いワンルームマンションで
書き刻まれる詩か ....
青の季節は擦り減った踵で
背伸びをすれば向日葵のように
太陽の光を浴びているから
格好悪い焼け方をする度に
君の目が届く場所で笑いたい
冷たい夜に
むらさきとむらさきが向かい合う
岩の径を
音だけがすぎる


鉱と鉛の紙
指を回る火の震え
小さな鈴の音をたて
砕けるように消えてゆく


空の一部 ....
俺みたいに
ウンコしながら
スマホで書いたものが
ウンコみたいなのは
当然と言えば当然だが
神妙な顔をして
パソコンの前で腕組みしながら
考え書いたものが
ウンコでしかないのは
悲劇 ....
ゆらり
ゆらめき消えてゆく
あれは幻だ

人生も過ぎてしまえば
ゆめまぼろし
ゆらり 
ゆらりと揺らめいて
消えてゆく

朝生まれ
夜は死んで逝く
カゲロウ

一日一生
 ....
いったいどこに行ったんだろうか?

消えてしまったんだろうか?

閉じ込めているうちに

吐き出しているうちに

質量保存の法則というやつは

こういうことにも適用されるのか?
 ....
ながれて
ながれて
じょばじょばながれて
ながれて
ながれて
じょばじょばながれて
ながれた
さきに
くろくてくらい
おおきな
あながある
じょばじょば
じょばじょば
ながれ ....
外の日を入れよ、
外の日を

目を、眼を
ひたすら瞑り


泣きたい時はただ泣けばいい
自分で自分を哀れむことは大切なこと
深く哀れみ自ずと涙が流れるとき
涙の温かみは己の命の熱の ....
陽にあたためられた芝の匂いをのせたやわらかい風をたべる阿呆 君のうなじが
白くうつくしいので
ことばを失くし


つつじ柄の着物に
雨が落ちてくる
そっと和傘をひらく
しぐさに湿り気が帯びる


 四つ辻まで
 ご一緒しましょう ....
コトコトと煮物を煮る
人生にはそんな要素が必要な気もする

アンテナを高く張ってトレンディなことも必要なのかもしれない
誰もいっぺんには多くのことはできないから

天才でもないので特に高み ....
R丘は一応、観光地になっているのですが、
平日は、ほとんど誰も来ないようです。
丘の頂上付近は、腰くらいの高さの笹がおおい茂っていて
その中に岩が、ランダムに配置されていまます。
雨に削られて ....
一部の食べものを
なまぐさくかんじるのは
そのものとの距離を
うまく決められないからだ
豚や牛の死骸より
魚の死骸のほうが生臭いのは
きっと人間という種族は
魚に近いんだ
自転車

夕暮れ

キセノンランプ
自由詩
タイトル 投稿者 Point 日付
袋小路にて坂本瞳子017/5/25 0:33
見かけ倒し新人さん017/5/25 0:04
十一月二十七日(日) 午後服部 剛017/5/25 0:00
十一月二十六日(土) 深夜017/5/24 23:56
524粒子017/5/24 23:52
十一月二十六日(土) 夜服部 剛017/5/24 23:49
戦争はよくない蛾兆ボルカ017/5/24 22:56
五月の街しょだまさし117/5/24 21:38
戦争たなかしゅう...317/5/24 21:34
白い頂のようただのみきや517/5/24 21:11
手相花形新次017/5/24 20:59
パンはるな117/5/24 20:51
案じる花形新次117/5/24 20:35
Twins foolるむ217/5/24 20:28
金木犀Kazuyu...117/5/24 20:16
ドクターひだかたけし117/5/24 20:06
炎天下ミナト 螢017/5/24 19:28
白とける白木立 悟317/5/24 19:05
オナニー自称詩花形新次117/5/24 17:59
カゲロウ星丘涙317/5/24 17:51
祈る吉岡ペペロ317/5/24 16:48
Kazuyu...1*17/5/24 14:48
太陽ひだかたけし317/5/24 14:34
2017/05/23 18:08奥畑 梨奈枝117/5/24 13:09
つつじヶ辻かんな5*17/5/24 12:54
Police梅昆布茶517/5/24 12:41
世界でもっとも贅沢な椅子香原 太郎(...017/5/24 11:07
におい霜田明017/5/24 7:26
017/5/24 6:12
平成29年5月24日(水)みじんこ017/5/24 0:55

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【自由詩】自由詩の作品のみ受けつけます。自由詩批評は散文のカテゴリへ。
0.32sec.